FRANCE GALL

クロード・フランソワと別れた直後の
寂しさが映像から見え隠れ。
フィリップス・レコードは
フランス・ギャルのために
セルジュ・ゲンズブール以外の
作詞作曲者達からもハイレベルな楽曲を
用意しました。

仏音楽誌「レ・コパン」で
ナンバーワンヒットを連発していた頃。
こちらはセルジュ・ゲンズブール作。

「天使のためいき」のドイツ語版
ドイツでのフランス・ギャル人気は
いまも絶大です。
こちらもセルジュ・ゲンズブール作
セルジュの才能もこの時最高潮に
達していた?

「ロング・ヴァケイション」の中の
あの曲ですよ。

THE 15 BEST ALBUMS OF 2017

順位無し
アルファベット順

AIMEE MANN/MENTAL ILLNESS
BAXTER DURY/PRINCE OF TEARS
BECK/COLORS
CARLA BRUNI/FRENCH TOUCH
CHAZ BUNDICK MEETS THE MATTSON 2
CORNELIUS/MELLOW WAVES
DEPECHE MODE/SPIRIT
ELBOW/LITTLE FICTIONS
LCD SOUNDSYSTEM/AMERICAN DREAM
RANDY NEWMAN/DARK MATTER
RAY DAVIES/AMERICANA *
SAM SMITH/THE THRILL OF IT ALL
SUN RA/SINGLES THE DEFINITIVE 45s COLLECTION VOL.1
STEVE MILLER BAND/UNTIMATE HITS
ゆうき/あたえられたもの

PETER GALLWAY/FEELS LIKE RELIGION ピーター・ゴールウェイがローラ・ニーロの「ニューヨーク・テンダベリー」にオマージュ

ピーター・ゴールウェイの新作
ローラ・ニーロの名作
「ニューヨーク・テンダベリー
1969年」にオマージュを
捧げたもの。
1978年に初来日した
ピーター・ゴールウェイは
その年発売された
ローラ・ニーロの新作
「ネスティッド」を絶賛していた。
同じ1947年生まれのローラとピーター
ジャズとR&Bが大好きってところも
青春をグリニッジ・ヴィレッジで
過ごしたってところも全く同じ。
ピーター・ゴールウェイが
ローラ・ニーロをオマージュせずして
誰がする。

ピーターパンのレコード棚は
アルファベット順にアルバムが
並んでいる。
ピーター・ゴールウェイ(P・G)と
ピーター・ガブリエル(P・G)は
お隣同士。
偶然にもピーター・ガブリエルの
アルバム「SO」のドラマー
ジェリー・マロッタは
ピーター・ゴールウェイの親友。
この新作でも
ジェリー・マロッタはいつも通り
オカズたっぷりに叩きまくる。
なので曲によっては
低予算版「SO」のように
聞こえる。

ピーター・ゴールウェイは
日本で人気が高いので
この日本盤には
ボーナス・トラックとしてアルバム
「ニューヨーク・テンダベリー」から
「マーシー・オン・ブロードウェイ」
「タイム・アンド・ラブ」
「ニューヨーク・テンダベリー」
3曲のカバーが入っている。

image
PETER GALLWAY/FEELS LIKE RELIGION (CD)
CLINCK RECORDS: CRCD5143 (JP 2017)

CARLA BRUNI/FRENCH TOUCH カーラ・ブルーニのオール・カバー・アルバム

カーラ・ブルーニ(仏)の新作
デヴィッド・フォスター
プロデュースのすべて英語詞の
カバー・アルバム。
カーラのアルバムはハズレが無い。
これまで出した5枚のアルバムは
すべて90点以上の出来だと思う。

デペッシュ・モードの難曲
「エンジョイ・ザ・サイレンス」で
アルバムをスタートさせてるので
挑戦的なアルバムを
イメージしてしまうが
アルバム全体のトーンは
いつも以上に
オーセンティックで
古風な落着いた表情。
収録された新旧の名曲を
挙げていくと
「ジミー・ジャズ」(クラッシュ)
「ミス・ユー」(ストーンズ)
「地獄のハイウェイ」(ACDC)
「パーフェクト・デイ」(ルー・リード)
「ザ・ウィナー」(アバ)等々。

アルバムのハイライトは
やはり「ムーン・リバー」だろう。
オードリー・ヘップバーンの
オリジナルは別格として
あまたあるカバーのなかで
カーラのヴァージョンは
間違いなく最上位にランク・イン。
カーラの歌は嫌味の無い
今どきのパリのラグジュアリーを
感じさせてくれる。
NYアッパーイーストから
マレの窓辺へワープ?

カーラ自身による
1曲ごとのコメントもいい。
「パーフェクト・デイ」について・・
『こんなランドマーク的な曲に
 対して私に何ができるというの?
 私はルー・リードの
 オリジナルより軽い
 パリの石畳の道を歩く
 ワルツのようにしてみたの』

image
CARLA BRUNI/FRENCH TOUCH (CD)
VERVE UNIVERSAL : UCCU1556 (JP 2017)

THE BEATLES ビートルズ紙ジャケ16タイトル

2014年に出た
ビートルズの紙ジャケ
(ステレオ・ヴァージョン)が
今日リイシューされました。
「ホワイト・アルバム」の
オープン・トップ・スリーブも
完璧に再現されてます。
唯一の不満は
すべてアップル帯ってところかな。
下のユーチューブですが
この「恋を抱きしめよう」は
アメリカで52年前の今日
発売されたんですよ。

image
PARLOPHONE UNIVERSAL:UICY 78517/78531 (JP 2017)

ELBOW/THE BEST OF エルボーの初ベスト盤に収められた「ゴールデン・スランバー」のカバーは最高

エルボーのこのベスト盤
ボーナス・トラックとして
新録音されたビートルズの
「ゴールデン・スランバー」の
カバーは最高。
はっきりいって過去に
ビートルズのカバー曲で
まともなものは皆無だからね。
何万曲もある「イエスタデイ」の
カバーにしてもポールのオリジナルを
超えたものは無いわけだし。
U2とレディオヘッドが合体したような
中途半端なオルタナバンドとして
デビューしたエルボーも
今じゃ押しも押されもせぬ
英国の国民的バンド。
その証拠にジョン・ルイス
(イギリスの「大丸デパート」?)
恒例のクリスマスCMに
「ゴールデン・スランバー」が
使われている。
この1曲があれば
今年のクリスマスは
暖かく過ごせるわねダーリン・・
英国人をそんな気持ちにさせる
必殺のカバー誕生。

image
ELBOW/THE BEST OF (2 CD SET)
FICTION POLYDOR :602567243342 (UK 2017)