ノーマン・シーフが撮ったジョニ・ミッチェルの写真集 THE JONI MITCHELL SESSIONS BY NORMAN SEEFF

1960年代は
ヘンリー・ディルツと
ガイ・ウェブスターの
2大ロック写真家が有名だった。
彼らが撮った数々の傑作写真には
今ではアイコン化したものが多い。
(ドアーズのファーストや
CSN&Yのデジャヴー)
2人ともライフ誌とかタイム誌とか
アメリカ歴代の名カメラマン達の
系譜に属していたので
写真自体にロックの躍動感を
注ぎ込むというよりは
どちらかというと
ミュージシャンの人物像を
あぶり出すことに
長けていたように思う。

時代が変わり
70年代から80年代になると
アニー・リヴォビッツと
ノーマン・シーフが
トップカメラマンに躍り出る。
ヘンリー・ディルツや
ガイ・ウェブスター系列だった
アニー・リヴォビッツに対し
オランダからアメリカへ移り住んだ
ノーマン・シーフの
異邦人としての特異性は
当時際立っていた。
ロックファンに
ノーマン・シーフの写真は
特別だと最初に思わせたのは
ザ・バンドの
「ステージ・フライト」
(1970年)の
セピア色のポスターだろう。
ウッドストックのログ・ハウスの
窓ガラスに暗幕を張りめぐらし
独特のカメラ絞りで撮影された
写真はロック新時代の幕開けを
告げるものだった。
そして
プロカメラマンにはタブーとされた
「ストロボの傘」の映りこみが
意図的に写真のド真ん中に
残されていてそれ以来
その「ストロボの傘」は
ノーマン・シーフの
サイン代わりになった。

ありそうでなかった
ノーマン・シーフが撮った
ジョニ・ミッチェル写真集
昨年の末発売された。
ノーマン・シーフが
ジョニ・ミッチェルを
撮り始めたのは1974年の
「コート&スパーク」から。
以後ノーマン・シーフは
ジョニのほとんどの写真を撮っている。
2人の信頼関係が深まるにつれ
ジョニのノーマン・シーフに
見せる表情や仕草は
恋人に見せるそれに近づいていくのが
この写真集からよくわかる。
ノーマン・シーフとの
フォト・セッションでは
ジョニは全裸にもなるし
加齢による皺も隠さない。
(「ドンファンの
レックレス・ドーター」に
小さな陰毛付写真あり)
ちょっとお高いけれど
ジョニ・ミッチェル・ファン
必携の写真集。

image
NORMAN SEEFF/THE JONI MTCHELL SESSIONS
INSIGHT EDITION :ISBN978-1-68383-627-8 (2018 US)
image

image

image

THE 15 BEST ALBUMS OF 2018

順位無し
アルファベット順

FRANCOISE HARDY/PERSONNA D’AUTRE

GRUFF RHYS/BABELSBERG

INARA GEORGE/DEAREST EVERYBODY*

THE JAYHAWKS/BACK ROADS AND ABANDONED MOTELS

JOHN GRANT/LOVE IS MAGIC

KIRINJI/愛をあるだけ、すべて

MITSKI/BE THE COWBOY

七尾旅人/STRAY DOGS

ONEOHTRIX POINT NEVER/AGE OF

RAY DAVIES/OUR COUNTRY AMARICANA ACT 2

RY COODER/THE PRODIGAL SON

SQUEEZE/THE KNOWLEDGE

武川雅寛/A JOURNEY OF 28 DAYS

THOM YORKE/SUSPIRIA SOUNDTRACK

TRACEY THORN/RECORD

七尾旅人6年ぶりの新作「STRAY DOGS」

6年ぶりの七尾旅人の新作
ストレー・ドッグス」。
東北大震災
その後の放射能禍を
歌った前作が
強烈だったせいか
聞き始めはちょっと
物足りなさを感じる。
でも5曲目の
「月の上のデヴィッド・ボウイ」で
(スターマン死して
月に帰るってことかな)
ギアが入り9曲目の
「きみはうつくしい」で
ハイライトを迎える。

デビュー20周年記念アルバム
という触れ込みだが
七尾旅人自身の
人生総括の意味合いが強い。
自分が父親になり
湧き上がった息子に
対する無条件な愛は
「きみはうつくしい」で
人生応援歌の形をとり
シンプルに表現されている。
時間をさかのぼり
ヒッピーだった自分の親
正確に言うと父親に対する
複雑な思いを歌にした
「リービング・ヘヴン」に
泣けた。

PS
「月の上のデヴィッド・ボウイ」の
歌詞の一部に
「スケアリー・モンスターズ」が
出てくるのだが
そのアルバムのプロデューサー
トニー・ヴィスコンティが
昨日ユーチューブで公開された
「アメーバ・ミュージックで
何を選ぶか?」で
ボウイのアルバムの中で
「スケアリー・モンスターズ」が
1番好きだと語っている。
ビートルズやTレックス
グリン・ジョーンズや
ベルベット・アンダーグラウンドの
面白いエピソードも聞ける。
最高なのは
「時計仕掛けのオレンジ」の
サントラを手がけた
ウォルター・カーロス
(後に性転換して
ウェンディに改名)のくだり。

image
七尾旅人/STRAY DOGS (CD)
SPACE SHOWER MUSIC:PECF1164 (2018 JP)

武川雅寛/ A JOURNEY OF 28 DAYS

ムーンライダースの
ミスター・サイレント・マン
武川雅寛さん。
その最新ソロアルバムだが
寡黙な分だけ内に秘めた情熱は
人一倍って感じ。
ソロアルバムなのに
専制的なところは無く
参加ミュージシャンに
与えられた自由度は
とても大きい。
その辺は日本でもっとも
民主的なバンドと称された
ムーンライダースの伝統か。
M-3の「天井のエアコンの歌」は
3年前の大病の際に
次々と襲い来る
幻聴や幻覚が歌われている。

PS
武川雅寛@ピーターパン
12月2日(日)
チケット完売いたしました。
残念ながら
当日券はございません。

image
武川雅寛/A JOURNEY OF 28 DAYS (CD)
PRESERVATION SOCIETY:PRSA3004 (JP 2018)