SUPER FURRY ANIMALS/RINGS AROUND THE WORLD スーパー・ファリー・アニマルズの5枚目のアルバム(2001年発売)

遅ればせながら
スーパー・ファリー・アニマルズ
(SFA)2001年のアルバム
リングス・アラウンド・
ザ・ワールド
」を買った。
前4作のアルバムが売れ
クリエーション・レコードから
大手のソニーに移籍して予算たっぷり。
憧れの地NYウッドストックでの録音
CDと関連DVDの同時発売
カメオだが
ポール・マッカートニーや
ジョン・ケイルの録音参加と
自由なレコーディングが実現。
その分とっ散らかり方も
ゴージャスでSFA版
「サージェント・ペパー」の趣。
その意欲的な姿勢は評価され
英MOJO誌の2001年
年間ベストアルバム1位に選出される。
傑作「ファントム・パワー」が
登場するのはこの1年後。

image SUPER FURRY ANIMALS/RINGS AROUND THE WORLD
(2 CD SET)
XL:BXL025CD (2001 US)

グリン・ジョンズの「サウンド・マン」は最高に面白い読み物だよ

ブリティッシュ・ロックの黄金期と
言われる1960年代中期から
1970年代末期に活躍した
レコーディング・エンジニアの中で
「音楽をクリエイトしたエンジニア」
と呼べるのは次の7人だろう。
ビートルズのジェフ・エマーリック
ジミ・ヘンのエディー・クレイマー
ピストルズのビル・プライス
イエスのエディ・オファード
クイーンのロイ・トーマス・ベイカー
ボウイのケン・スコット
ストーンズのグリン・ジョンズ。
そしてこの7人の中で
トップ・オブ・トップは
誰かと尋ねられたら僕は迷わず
グリン・ジョンズと答える。

そのグリン・ジョンズだが
恐ろしいほどの仕事量をこなし
しかもそのほとんどが
ロックの歴史に名を残すアルバム
ばかり。
グリン・ジョンズが
かかわった有名なアルバムを
ちょっと挙げると
「デビュー・アルバム」から
「ブラック&ブルー」までの
全ストーンズのアルバム
フーの「フーズ・ネクスト」
レッド・ツェッペリンの
「ファースト」
エリック・クラプトンの
「スロー・ハンド」
イーグルスの「ファースト」
ビートルズの「ゲット・バック」
スティーブ・ミラーの「セイラー」
ザ・バンドの
「ステージ・フライト」
フェイセズの「馬の耳に念仏」
レオン・ラッセルの「ファースト」
ETC。

グリン・ジョンズの伝記本
サウンド・マン」は
露悪的な音楽業界裏話ものとは
一線を期す面白くかつ読み応えある
一冊だ。
特に
ストーンズのメンバーとは
デビュー前から友達だったので
飛び出す裏話のレベルが半端じゃない。
この伝記を最後まで読んで感じるのは
レコーディング現場が
どんなに悲惨だったとしても
ミュージシャン=クライアントの
原則を守りアルバムを
最後の完成形まできっちり仕上げる
プロのプライドを
グリン・ジョーンズは常に
持っていたということ。
グリン・ジョンズが
いまも現役でいられるのは
そのせいだと思う。

最後に山のように登場する
エピソードの中から
とっておきを御紹介するね。
「ゲット・バック」の録音を
(後のレット・イット・ビー)
グリン・ジョンズに頼もうと思った
ポール・マッカーニーが
電話かけてきた時のこと
「あのおポール・マッカーニー
だけれど」
「ミック(ジャガー)冗談はやめて」
速攻受話器を置いたんだって。

image グリン・ジョンズ/サウンド・マン(シイコー・ミュージック・エンターテイメント)

CORNERSHOP PRESENT ENGLAND IS A GARDEN コーナーショップ5年ぶりの新作

だれでも
好きなバンドとは別に
「愛すべきバンド」としか
言い表せないバンドを持っている。
「いとおしいバンド」とも
言い換えられるけれど
それともちょっと違っていて
過去に何曲かヒットはあるものの
最近はビッグヒットに縁がなく
世間的には微妙な位置に留まったまま
それでも
長く健気に活動を続けている
そんなバンド。
ぼくにとって
その筆頭はキンクスで
一般的には大御所のように
思われているけれど
ビートルズやフーのような
スタジアム・バンドには
とうとう最後までなれなかった。
結局「愛すべきバンド」って
人それぞれの判官びいきバンド
ってことになのかな。

インド系イギリス人
ティジンダー・シン率いる
コーナーショップも
間違いなく
「愛すべきバンド」の一つ。
全英チャートで
いくつかヒット曲を持っている
コーナーショップだが
ワールドワイドな成功は
まだ手にしていない。
というよりその辺のところは
とうにあきらめている感もあり
いじらしい。

コーナーショップ5年ぶりの新作は
どの曲もチャーミング。
ベルベット・アンダーグラウンドの
「スウィート・ジェーン」と
T・レックスの
「ゲット・イット・オン」の
コードやギターカッティングを使い
冴えたヒット曲を作ってきた
コーナーショッだが
この新作にもその2つを使った曲が
たくさん入っている。
コーナーショップの音楽は
ポップ・ミュージックそのもので
小難しいものではない。
しかしコーナーショップの作る
盆栽的なポップ・ミュージックは
とてもオリジナルで
その魅力は一部の人にしか伝わらず
今もって「愛すべきバンド」のまま。

image CORNERSHOP PRESENT ENGLAND IS A GARDEN (2 LP SET)
AMPLE PLAY RECORDS: AMP129LP (UK 2020)



JAMES TAYLOR/AMERICAN STANDARD ジェイムス・テイラーのレトロなカバー・アルバム

ジェイムス・テイラーの新作は
オール・カバー・アルバムで
ローレンツ&ハートをはじめとする
1960年代までの
アメリカン・スタンダード
14曲を録音している
(ミュージカルが多い)。
はっきり言って
考察と修練を重んじる
ニューイングランド人気質100%の
ジェイムス・テイラーだから
この手のレトロなカバー・アルバムに
ありがちなグラマラスなムードは皆無。

今頃になって
ジェイムス・テイラーが
レトロなカバー・アルバムを
作った理由は何だったんだろう?
医師の父アイザックと
元オペラ歌手の母ガートルードの
次男としてボストンで生まれ
移り住んだサウス・キャロライナで
大家族と共に育った
ジェイムス・テイラー。
その後ジョニ・ミッチェルや
カーリー・サイモンとの
ロマンスと離別
長年のヘロイン中毒を抱えながら
再婚したキャサリンとも10年で離婚。
その後知り合ったボストン・フィルの
マネージャーのキムと
2001年に再々婚し現在に至る。
そんな一見普通に見えて
普通じゃない
ジェイムス・テイラーが
その人生の様々なシーンで出会い
何かしら彼の
音楽に影響を与えることになった
名曲の数々にこの際まとめて
「ケリを付けてしまいたかった」
んじゃないだろうか。
数年前ディランが長年のアイドル
フランク・シナトラの
カバー・アルバムを録音したでしょ?
あれもケリをつけるって
ことだったんだと思う。

そもそも一般的には
ジェイムス・テイラーは
典型的なフォーク系
シンガー・ソングライターだと
思われているけれど
ジェイムス・テイラー自身は
このカバー・アルバムで
取り上げた作家達
(ホーギー・カーマイケルや
ヘンリー・マンシーニ等)と
同レベルの作品を書きたい!
という思いで音楽を作り続けてきた人。
そしてジェイムス・テイラーの
この姿勢こそが
ファンがジェイムス・テイラーを
愛し続ける理由でもある。

今日は
ジェイムス・テイラー
72歳の誕生日。

image JAMES TAYLOR/AMERICAN STANDARD (LP)
FANTASY CONCORD : FAN00620 (US 2020)

JAMES BLAKE SINGS BILLIE EILISH “WHEN THE PARTY’S OVER” ジェイムス・ブレイクがビリー・アイリッシュをカバー

ビリー・アイリッシュが
グラミー賞の舞台で歌った
WHEN THE PARTY’S OVER ね。

Don’t you know
I’m no good for you?
I’ve learned to lose you
Can’t afford to
Tore my shirt
To stop you bleedin’
But nothin’ ever stops
You leavin’

わからないの?
あなたにとって私は良くない存在
私はわかってるわ
耐えられないけどね
シャツを破いて
あなたのケガの血を止めるけど
止められないのは
あなたが離れていくこと

Quiet when I’m coming home
And I’m on my own
I could lie
Say I like it like that, like it like that
I could lie
Say I like it like that, like it like that

帰ると家は静かで
私は一人ぼっち
嘘はつける
一人でいるのが好きなんてね
嘘はつける
一人でいるのが好きなんてね

Don’t you know too much already?
I’ll only hurt you if you let me
Call me friend but keep me closer
And I’ll call you when the party’s over

もうわかってるんでしょ?
私に言わせても傷つけるだけ
友達でもいいけど近くにいさせて
パーティが終わったら電話するわ

Quiet when I’m coming home
And I’m on my own
I could lie
Say I like it like that, like it like that
I could lie
Say I like it like that, like it like that

帰ると家は静かで
私は一人ぼっち
嘘はつける
一人でいるのが好きなんてね
嘘はつける
一人でいるのが好きなんてね

But nothing is better sometimes
Once we’ve both said our goodbyes
Let’s just let it go
Let me let you go

上手く行かない時だってある
一度別れを交わしたら
もう忘れてしまいましょ
忘れさせて

Quiet when I’m coming home
And I’m on my own
I could lie
Say I like it like that, like it like that
I could lie
Say I like it like that, like it like that

帰ると家は静かで
私は一人ぼっち
嘘はつける
一人でいるのが好きなんてね
嘘はつける
一人でいるのが好きなんてね

RON SEXSMITH/THE LAST RIDERS ロン・セックスミスの3年前のアルバムが到着

約20年前
ある雑誌のインタヴュアーが
デビューから5年たっても
思ったほどセールスが伸びない
ロン・セックススミスに対して
今どう思っているか尋ねた
ロン・セックスミスの答はこうだ。

「それについては
もどかしく思っている。
僕はニック・ドレイクや
ティム・ハーディンみたいに
商業的な成功を得られないまま
生涯を終えたくはない。
僕にとってのヒーロー達
(マッカートニー
コステロ・キンクス)は
みんな大ヒットや成功を
手にしている。

僕は今その成功の途上に
いるとは思うけれど
一般大衆に認めてもらえるには
まだ足りない。
でもそれは僕にはどうしようも
ないことなんだ。
僕はカナダ出身で35歳で
明るく楽しい音楽を作ったりしない
だからあまり期待は
していないのだけれど・・・

曲作りに関して言えば
曲に余計な手は加えないように
したいと思っている
自分で歌うにしろ歌わないにしろ
とにかく良い曲を
作りたいだけなんだ」

音楽全体を取り巻く状況は
インタヴューを受けた
20年前に想像していたより
厳しくなっていると思う
ロン・セックスミスを取り巻く
音楽環境も似たようなものだろう。
でもインタビューの最後の5行を
聞かされてしますと
僕はファンであることを
辞めることができない。
ニルソンを父に
レイ・デイヴィスを母に持った
ロン・セックスミスの音楽に
もう少しだけ光明が
差し込みますように。

PS
このアルバム
3年前にアマゾン・ジャパンに
オーダーしたのだが
入荷遅延のお知らせが続き
昨日突然届いた。
これって
アマゾン・ジャパンの信頼の証?
来月には
新作「エルミタージュ」が
出ます。

image RON SEXSMITH/THE LAST RIDERS(2 LP SET)
COOKING VINYL:COOKLP662 (UK 2017)

DAVE/PSYCHODRAMA 今年のブリット・アワードで最優秀アルバムに選ばれたデイブのファースト・アルバム

今年の
ブリット・アワード2020で
アルバム・オブ・ジ・イヤーに輝いた
デイブ(21歳)の「サイコドラマ」。
ナイジェリアからの移民を両親に持ち
ロンドンのブリクストンで生まれ
父親はその後失踪。
そんな生まれ育った背景を聞かされると
攻撃的なヒップホップを
イメージしてしまうかもしれないが
実際は耳馴染みの良い
アコースティックなサンプリングが多く
ラッピングも抑制がきいていて
ついつい引き込まれる。
スリーブにリリックの記載はないし
もちろん国内盤発売の予定もないので
リリックを訳された方のアドレス
記しておきますね。

image DAVE/PSYCHODRAMA (CD)
NEIGHBOURHOOD RECORDINGS:60257749028 (UK 2019) やったねアレックス(15歳)