細野晴臣 の ホソノバ HOSONOVA

1973年の1月

ジェイムス・テイラー日本最終公演が

終わったあと渋谷公会堂の前で

細野さんと初めてのソロアルバムの話をした。

狭山の自宅に録音卓(日本初の16チャンネル)を

持ち込んでもうすぐ録音始めるんだって

教えてくれた。

僕「今回ジェイムス・テイラーは何回見たんですか?」

細野「今日だけだよ」

僕「えーーーーーーー」

「はっぴいえんど」の他の仲間や

加藤和彦さんらが連日新宿厚生年金会館の

最前列近くに陣取っているのを

何度か見かけた。

ジェームス・テイラー日本最大のファンを

自認する細野さんがたった一回だなんて。

でもその疑問は「ホソノハウス」を

聞いてすべて解決したのだった。

***

「はっぴいえんど」は温度とか湿気を

意識させるバンドだ。

よく言われる「季節」というのは大雑把すぎる気がする。

「ホソノハウス」は寒さ(逆接として暖かさも)が音楽の核だ。

それ以降のアルバム(YMO含)は

暖かい、か、暑い、または温度ナシだった。

この最新アルバムは暑い、そして蒸す。

そこが

トロピカル・ダンディー」と似ている。

トロピカル・ダンディーのときは

カリブ海のふりして東南アジア(亜熱帯日本含)だった。

今回もボサノバ(ホソノ場 HOSONOVA)なんてどこにも無い。

NOを抜いて細そば?

ブランドソバ屋日本橋「砂場」をもじった「細野場」かな。

(下の写真参照、砂場じゃないけど)。

録音は去年なのに

「がんばろう日本」をはるか彼方に

押しやってしまう歌が入っている。

やはり細野さんは仙人。

***

今回のアルバム

ピーターパンで聞くと最高です。

なんたって

ピーターパンのオーディオ設定を

指南してくださったのは

細野さんのクラウン・レコード時代

(トロピカル・ダンディー、泰安洋行など)の

レコーディング・エンジニア

田中信一さんですから。

DSCF6978 HOSONO HARUOMI/HOSONOVA(CD)

VICTOR ENTERTAINMENT : VICL 63777 (JP 2011)

 

 

 

ゴールデン・ウィークの営業

5月2日(月)は定休日ですが営業いたします。

5月2日(月)~5月7日(土) 24時まで営業いたします。

5月8日(日)は22時までの営業です。

皆様のご来店お待ちしてます!

RON SEXSMITH ロン・セックススミスの新作 LONG PLAYER LATE BLOOMER

"ミスター・メランコリー"

ロン・セックススミスの新作はなんと

ボブ・ロック(メタリカ、ボン・ジョヴィ他)

がプロデュース。

ロン「この数年は欲求不満を抱えていた、

僕のキャリアは同じところをぐるぐる回って

時間を無駄にしているように感じていた」

レイ・デイヴィス、ディラン、ポール・マッカートニーが

いくらロンを絶賛してもヒット曲は出ず

アルバムは売れなかったのだ。

そんなロンの切実な思いは

タイトル曲「レイト・ブルーマーM6」に

美しく結実している。

今回ボブ・ロックの起用で

アルバムのトーンは

驚くほどライト&スムース。

一語一語厳選された美しい歌詞は

あきらめと希望とウィットに溢れた

どれもわかりやすいものばかり。

文句なしの☆☆☆☆☆!

***

YOU TUBE 1番目のヴィデオは BBC の番組で

このアルバムのトップソング"GET IN LINE"を

披露したときのもの。

右に座ってる

世紀の名曲の作曲者(I'M NOT IN LOVE)に

VERY NICE INDEED と言われる気分って

どんなものだろう。

YOU TUBE 2番目のヴィデオは

今回の大震災に寄せて

1週間前ロンから送られてきたもの。

ファンの方は是非ロンにメッセージ送ってみてね。

YOU TUBE 3番目ヴィデオは何と

マイケル・ブーブレとロンのデュエット!

この「WHATEVER IT TAKES

沢山のアーティストにカバーされて

10年後には誰でも知ってる曲になると

思うんだけど。

DSCF6966
RON SEXSMITH/LONG PLAYER LATE BLOOMER(CD)

YAMAYA MUSIC & VIDEO : YMCP 10002 (JP 2011)

ジョニ・ミッチェルの紙ジャケ

「紙ジャケ」って

日本が誇る隠れた輸出品なんですね。

オリジナルLPと寸分違わぬ精巧な作りは

すでに世界的な評価を得ています。

ご存知のように

2009年ビートルズCD再発のときも

英EMIは日本に紙ジャケ製作を依頼し

それが世界中に送付販売されたのでした。

ビートルズでさえ紙ジャケ発売をOKしたのに

紙ジャケ発売許可をなかなか出さなかった

アーティストの一人がジョニ・ミッチェルです。

しかし遂に黄金のリプリーズ/アサイラム時代の作品

10タイトルが出ました。

ほとんど完璧といっていい

アメリカ盤LPのミニチュア・レプリカ誕生です。

残る紙ジャケ未発表の大物といえば

クラフトワークとニール・ヤング

U2とバッファロー・スプリングフィールド

そしてマドンナですね。

DSCF6957
JONI MITCHELL/ST,BOTH,CANYON,BLUE,ROSES,

SPARK,LAWNS,HEJIRA,DON JUAN,MINGUS(CD)

REPRISE/ASYLUM : WPCR 14093/14102 (JP 1968/1979)

オオルタイチのDRIFTING MY FOLKLORE、スバラシイです

オオルタイチの2007年のアルバム。

何重にも堆積した前世の記憶を

たどっていくような音楽じゃない、これ。

太古と未来が出たり引っ込んだりして

聞こえるのはそのせいでしょ。

メジャー感なさそうに見えて

実はギャラクシー感タップリ、そこが好き。

こんな人が21世紀の日本にいたなんて!

心のアンテナが鈍くなってました。

DSCF6922
OORUTAICHI/DRIFTING MY FOLKLORE(CD)

OKIMI RECORDS : OKIMI 012 (JP 2007)

 

 

ジェレミー・スペンサーのファースト・ソロ

すべてジェレミー・スペンサー

(フリートウッド・マックのスライドギター&ヴォーカル)の

オリジナル楽曲です。

でもどうなんでしょう、

好きで好きでたまらない

エルモア・ジェイムスが出てくるのは

仕方ないとしても

プレスリー、ビーチボーイズ、

バディー・ホリー、ボー・ディドリー達の

「なりきり」楽曲が次から次と飛び出してくるのは?

ピーター・グリーン

(フリートウッド・マックのギター&ヴォーカル)の

ソロ・アルバム(1970年)もなんだかなー

ってシロモノだったけど、

破天荒さぶりでいったら

ジェレミー・スペンサーのソロ(1970年)に

到底かないません。

フリートウッド・マックのメンバーも

全員参加しているけれど

ジェレミー「いいだろ、この曲!」

メンバー「うううん・・・・・・最高だね!(汗)」

の会話が聞こえてきそうです。

下のYOU TUBEをよーく見てください。

リーダーのピーター・グリーンが

「次の曲はジェレミーが歌います・・」と

紹介している最中のダニー・カーワン(左隣)の

なんともいえない顔・・・・・

バンドの崩壊を1年後に迎える予兆?

DSCF6914
JEREMY SPENCER/SELF TITLED(CD)

FOOT PRINT RECORDS : FPR 29004 (UK 1970/2007)

 

 

コーナーショップの新作はパンジャブ

コーナーショップ2年ぶりの新作

ブリット・ポップ+バングラ・ビート(パンジャブ・ビート)。

女性ゲスト・ヴォーカルのBUBBLEY KAURは

全編パンシャブ語で歌ってます。

でも踊るマハラジャ「バングラ・ビート」の猥雑さは

ここにはまったくありませんね。

エレクトロなのに手作りっぽい

コーナーショップの専売特許は今回も健在です。

聞き込むほどに

これはブリット・ポップの傑作だと思いました。

なんたってチャーミングな曲満載ですから。

PS:

YOU TUBE2番目のヴィデオは

キンクス・ファンの聖地、

夕刻のウォータールー・ステーションを

眺められるテムズ川で撮られています。

DSCF6892
CORNERSHOP/AND THE DOUBLE-O-GROOVE OF

FEATURING BUBBLEY KAUR(CD)

AMPLE PLAY : AMPLA CD 09(UK 2011)