BILL WITHERS/LIVE AT CARNEGIE HALL 1972 ビル・ウィザースのカーネギー・ホール・ライブ

コロナ禍のアメリカで
医療関係のテレビ特番の
バックで流れ
他者に対する思いやりを促す
テーマソングのようになっている
「リーン・オン・ミー」。
これはビル・ウィザーズ1972年の
全米ナンバーワン・ソングだ。
皮肉なことにビル・ウィザーズ本人は
心臓疾患の合併症で
今年の3月に亡くなってしまった。
そんなこんなで
最近9枚のアルバムが再発された。

その中から
今日ご紹介するこのライブ盤
「リーン・オン・ミー」や
「黒い太陽」等が大ヒットした直後の
NYカーネギー・ホールでの演奏を
収録したもの(1972年)。
ビル・ウィザーズにとって
初めての全国ツアーのせいか
NYカーネギー・ホール満員の
ファンを前にスタート直後は
ぎこちないが
それも徐々にこなれ
最後は新曲「ハーレム」の
大合唱で大団円を迎える。

当時1970年から
1973年にかけては
マーヴィン・ゲイや
カーティス・メイフィールドや
ダニー・ハザウェイ等
「ニューソウル」の全盛時代。
ビル・ウィザーズも
その流れの中にあったが
彼の音楽には
ジェイムス・テイラーや
キャロルキング等の
プライベートな心象風景を唄う
シンガー・ソング・ライターの
テイストも混じっている。

ビル・ウィザーズの魅力は
何といっても自作曲の素晴らしさだが
それ以上に190センチを
優に超える巨体から発せられる
聞いたとたんすぐそれと分かる
ユニークな声だろう。
このビル・ウィザーズの声の魅力
(本当は魔力と言いたい)こそが
時代や人種を超え世界中で
愛され続けている理由だと思う。

image
BILL WITHERS/LIVE AT CARNEGIE HALL (2 LP SET)
SUSSEX :MUVLP432 (2020 EU)

MCハンガーさんの「舌鼓(したつづみ)」

ガグルのMCハンガーさんの
セカンド・ソロ・アルバムを
御紹介します。
タイトル「舌鼓(したつづみ)」は
「ラップ+和物パーカッション」
の意味ね。
エスタブリッシュされた
日本の洋楽系ミュージシャンが
一度はおちいる(失礼)
日本人アイデンティティーの
再確認?
もしくは
単なる思い付き?または別の何か?
いずれにせよ
結果オーライがすべての
ポピュラー音楽の世界では
エネルギーの塊そのものの
和太鼓や鼓(つつみ)を相手に
ひるむことなく
真っ向勝負のハンガーさんの
ヤマタノオロチ退治的アティチュードは
大成功だと思う。
向こうの方から
ちょっと褒め殺し的レヴュー
じゃないすか?
の声が聞こえてきますが
嘘偽りなしにそう感じました。
コロナで全国の夏祭りは
ほぼ中止らしいけれど
日本一活「舌」の良い
MCハンガーさんの
ブレークビーツ盆踊りは
こちらの会場ですよー!

image
HUNGER/舌鼓(CD)
松竹梅レコード :(JP/STB091)

MARVIN GAYE/LIVE AT THE LONDON PALLADIUM マービン・ゲイのロンドン・ライブ(1976年ヨーロッパ・ツアー)

なぜか買いそびれていた
マーヴィン・ゲイの
ライブ・アット・
ザ・ロンドン・パラディウム
」を
手に入れた(1976年12月録音)。
当時のマービンは
離婚訴訟の真っ只中
オマケにドラッグと借金で
コンディションは最悪だったはず。
しかしマービンの
熱狂的ファンが大勢いる
ロンドンでのライブということで
マービンは最高のステージを
見せてくれる・・
まあそうなのだが
この数年前に発売された
マービン・ゲイ・ライブ」の
レッドゾーンぶっち切りの
元気なマーヴィンを知る者としては
ちょっと鼻薬効き過ぎの感あり。
とりあえずお盆ですから
デカダンでセクシー夭折の天才
マーヴィン・ゲイにハレルヤ!
LP2枚組でD面には
1977年の大ディスコ・ヒット
「黒い夜」(12分のスタジオ録音)が
収められている。

image
MARVIN GAYE/LIVE AT THE LONDON PALLADIUM (2 LP SET)
MOTOWN : 5259ML2 (US 1977)

モータウン・レコード名曲誕生の影に天才ベース奏者ジェームス・ジェマーソンあり。動く指先のドアップ映像を見つけました!

スティービー・ワンダーの
初期のヒット曲
「愛するあの娘に」の
あの魅惑的なベースライン。
ジェームス・ジェマーソンが弾く
あのベースラインをパクッたのは
だれの曲だっけ?
調べているうちになんと
ジェームス・ジェマーソンの指先が
ドアップで写っているの映像を発見。
人差し指一本で弾いているという
という噂は本当だった!

image
STEVIE WONDER/I WAS MADE TO LOVE HER (LP)
NIHON VICTOR :SWG7144 (JP 1967)

RIP PETER GREEN ピーター・グリーンが亡くなった

フリートウッド・マックの初代リーダー
キング・オブ・ブリティッシュ・
ブルース・ギタリスト
ピーター・グリーンが
7月25日73歳で亡くなった。
ピーター・グリーンは
「ブラック・マジック・
ウーマン1968全英37位」や
「アホウドリ1969全英1位」等で
明らかなようにソング・ライター
としても一流だった。
ピーター・グリーンが
在籍していた時代の
フリートウッド・マックの
アルバムについてはここを見てね。
RIP

image

BOB DYLAN/ROUGH AND ROWDY WAYS ボブ・ディランの8年ぶり全曲書下ろしの新作

ボブ・ディラン8年ぶりの
全曲書下ろしの新作だが
この仲むつまじい
ムードはいったい
どうして生まれたんだろう。
こちらは長屋の偏屈じいさんに
通りでばったり出くわし
微笑みかけられたような気分なのだが。

10代のころから
ブルースやジャズの
熱心なファンだったディランは
ブルースマン達の録音テイクが
2テイク以内だったことに気づき
さっさと録音を済ませるやり方を
長年続けてきた。
録音に時間をかけないことから生じる
「揃っていない」音楽
言い換えるなら
「ズレ」のある音楽こそ
ディランの考える
最高の音楽の姿だったからだ。
(ビートルズや
ビーチボーイズには
この考え無かったよね)
そして
ディランの音楽が時代を超え
生命を持ち続けているのは
作品のレベル云々以上に
この録音方法から生まれる
緊張感や臨場感のようなものが
今も新鮮さを失っていないからだ。

話を最新アルバムに戻すと
ディランがこんなにも
バック・ミュージシャンに
寄り添ったアルバム作りを
するのは珍しい。
親和性というか
「共同作業」の匂いの強い
このアルバムが生まれたのは
なぜなんだろう?
この全曲書下ろしの新作を
録音するまでの8年間
ディランは
シナトラのカバー集を出したり
スタンダードのカバー集を出したりと
先達の偉業の再確認に
時間を使ってきた。
その一連の音楽活動が
ディランのアルバムの作り方に
何かしら変化を与えたような気がする。
そう思うのは
ニューヨーク・タイムズとの
最新インタビューで
好きなアーティストとして
エラ・フィッツジェラルド
オスカー・ピーターソン
ジミー・リード
ロバート・ジョンソン等を
挙げていたのだが
彼等に共通しているのは
自己のミュージシャン・シップに
対する絶対的な自信。
面倒くさく考えるディランも
78年かけてやっとその境地に
たどり着いたのかも。

image
BOB DYLAN/ROUGH AND ROWDY WAYS (2 LP SET)
COLUMBIA : 19439780991 (US 2020)

RUFUS WAINWRIGHT/UNFOLLOW THE RULES ルファス・ウェインライトの新作

来週の水曜日
47歳の誕生日を迎える
ルファス・ウェインライト
ポップ・アルバムとしては
8年ぶりの新作が発売された。

ルファス・ウェインライトの
音楽の魅力を聞かれたら
僕はいくらでも挙げることが出来る。
最初に浮かぶのは
当たり前に聞こえるかもしれないが
ルファスの音楽は「唄尽くし」
だってこと。
「カンターレ尽くし」ともいえるね。
それを実現させているのは
圧倒的なルファスの声の力
なんだけれど
最近のルファスのステージを
見るたびにそれを強く感じる。

次に挙げたいのは
メロディーの豊かさ。
シューベルトを筆頭に
ティーネイジャーのころから
聞き続けているクラシックの
多彩な旋律。
そして
ケイト・マッガリグル(母)や
ラウドン・ウェインライト(父)から
受け継いだフォーク音楽の素朴な旋律。
この両方が
ルファス・ウェインライトの
体の中で自然に混ざり合っている。

最後はやはり
ソングライターのキモ
歌詞だよね。
一流のソングライターと呼ばれる
人達には2タイプ居ると思う。
ひとつは
コール・ポーターや
ランディ・ニューマンのように
自分を取り巻く世界と
全く接点のない別世界の出来事を
ある時は悲しくも可笑しく
またある時は甘美で辛らつに
プロに徹して書き上げるタイプ。
彼らの場合
時代を超えた作品の完成を
目指すあまり
書き上げた曲の些細な部分
たとえば
英語の不定冠詞や定冠詞
(AとかTHE)の使い方に
一日中頭を悩ませたりする。
残るもう1つは
ジョニ・ミッチェルや
ボブ・ディランのように
最高の知性に裏打ちされた
世界の中心は「私」であり
「俺」であるというタイプ。
彼らの場合現時点での
自分にとってのリアルが全てで
その曲が後年どんな意味を
持つかなど眼中になし。
そしてこの2つのタイプを
同時に味わえるのが
ルファス・ウェインライトなのだ。

PS
CD(デラックス版)には
「ピースフル・アフタヌーン」と
「ヘイトレッド」の
フランス語ヴァージョンが
ボーナスとして入ってますよ。

image
RUFUS WAINWRIGHT.UNFOLLOW THE RULES (2 LP SET)
BMG :4050538512632 (EU 2020)