DEPECHE MODE/SPIRIT デペッシュ・モードの新作「スピリット」

稀代のメロディ・メーカーとは
言えないけれど
メロディ・モチーフの
散りばめ方がユニークな
作詞作曲担当
マーティン・ゴア。
押しつけがましさを
取り去ったボノみたいな歌唱力で
聞き手にぐいぐい迫る
デヴィッド・ガーン。
ステージではキーボードの前に立ち
演奏はせずお客に手拍子の催促をする
英国のピエール滝こと
アンディ・フレッチャー。
これがバンド歴37年
英国が誇る
ゴシック・テクノの帝王
デペッシュ・モードの布陣だ。

そんなデペッシュ・モード
この20年間に限っていえば
アルバムを発表するのに
たっぷり3年から4年の時間をかける。
最新テクノロジーを駆使しつつ
音の細部にはクラフトマシップの
こだわりを見せたりと
最近はテクノ・ポップというより
デジタル化した英国プログレに
聞こえることも。
その偏執狂的ともいえる
完璧なアルバム作りで
コアなファンを虜に。

それにしても
新作のタイトルが「スピリット
これほど自信たっぷりな
アルバム・タイトルも久しぶり。
マドンナの「ミュージック」
以来かもしれない。

image
DEPECHE MODE/SPIRIT (2 LP SET)
MUTE/SONY : 88985411641 (2017 EU)

ARETHA FRANKLIN/ARETHA NOW アレサ・フランクリンの「アレサ・ナウ」のLP盤

アレサ・フランクリンの
アトランティック・レコード時代の
アルバム「アレサ・ナウ
を手にいれた。
1968年6月14日に出た
アメリカ初回プレスLP盤で
音圧も最高。
このアルバムを録音したとき
アレサはまだ25歳だった。
ローリング・ストーン誌が
選ぶ偉大なシンガー第1位に輝く
アレサだけれど
「アレサ・ナウ」は
アレサのアルバムの中で
トップ5に入る傑作。

アルバムのA面2曲目には
「小さな願い」が収められている。
バート・バカラック&
ハル・デヴィッドが
1967年に
ディオンヌ・ワーウィック
のために書いた名曲。
ディオンヌ・ワーウィックの
オリジナル・ヴァージョンは
洗練された働く黒人女性の
つつましやかな愛を
表現したものだった。
でもディオンヌ・ヴァージョンが
発売された翌年
1968年4月4日に
キング牧師が暗殺されると
アメリカ黒人シンガー達の
表現は一気に先鋭化した。
アレサとても例外ではなかった。
キング牧師が暗殺された
1週間後に録音された
このアルバムのA面1曲目
「シンク」を聞けばそれは明らか。
(映画ブルース・ブラザースで
アレサ自身が歌ってたよね)

でも「小さな願い」は
「シンク」とはちょっと違っていた。
プロデューサー
ジェリー・ウェクスラーを
はじめとするアトランティックの
スタッフ達は
20年後30年後にも愛される
曲作りにこだわった。
そのスタッフたちの「小さな願い」は
かなえられたと思う。
なぜならアレサの「小さな願い」は
何万曲とある
「小さな願い」ヴァージョンの中で
間違いなくトップだから。
(バート・バカラック自身も
そう言ってるしね)
アレサの歌いっぷりは
最高に抑えたものなのに
魂の縦横無尽ぶりは
シャウト物の百万倍。

このLP盤の裏面に
ジャック・スプリンガーの
解説文が載っているのだが
「小さな願い」の箇所で
上手いことを言っている。
『想像力豊かな即興演奏が
火花を散らす歌唱
もしアレサに
キング・カーティスのサックスを
持たせたらもっとも危険』

image
ARETHA FRANKLIN/ARETHA NOW (LP)
ATRANTIC RECORDING CORPORATION : SD 8186 (US 1968)

オオルタイチ+YTMOの 新ユニット「ゆうき」あたえられたもの

オオルタイチ+YTMOの
新ユニット「ゆうき」は
タイチ君のマシュマロ・ハートが
ダイレクトに伝わってくる
アコースティック・アルバム。
最近のタイチ君
打ち込みものは
今はちょっとねって感じらしい。

長い間
歌は「オオルタイチ語」で
通してきたタイチ君だけれど
この新作はすべて日本語で
歌われている。
日本語の美しさを生かすべく
全10曲不用意な「音」は
全くなし。

『夜明けの獅子に
 尋ねてみよう
 もしあなたの願い事が
 ひとつだけ叶うなら
 どうする
 秘密にするから

 窓に射す光が 
 僕を強くして
 夜を断つ叫びよ
 どこか連れて行け
 どこまでも』

image
ゆうき/あたえられたもの (CD)
OKIMI RECORDS : OKIMI016 (2016 JP)

RAG’N’ BONE MAN/HUMAN 期待の「大型」新人ラグン・ボーン・マンのファースト・アルバム

ラグン・ボーン・マン(32歳)
英国から登場した
大型新人(見た目も)。
ブリット・アワードで
期待の新人に与えられる
クリティックス・チョイス・アワード
ラグン・ボーン・マンは
2017年の受賞者だ。
これって
アデル~サム・スミスが
辿ったのと同じサクセス・ルート。
考えてみれば
音楽のアティチュードも
この3人はよく似ている。
そこそこの楽曲を
大名曲に変えてしまう
シンガーとしての
圧倒的な力量の持ち主って所が。

シングル「ヒューマン M-1」を
フューチャーした19曲入りの
ファースト・アルバムが届いた。
ラグン・ボーン・マンの
居そうでいない
唯一無比の声を生かす
決定的な楽曲が
もっともっとほしいね。
今年のフジロック出演決定。

image
RAG’N’ BONE MAN/HUMAN (2 LP SET + CD)
SONY: 88985398541 (2017 UK)

ED SHEERAN/DIVIDE エド・シーランのサード・アルバム

エド・シーラン(27歳)
3年ぶりの
サード・アルバムが完成
仕上がりはほぼ完璧。
イギリス地方都市に住む
普通の若者の心情を
歌わせたら
今この人の右に出る者はいない。
これまで発売した
2枚のアルバムは
全世界で1700万枚以上売れた。
でも日本では全くダメ。
ファーストは話題にもならず
セカンドは5000枚以下の
売り上げだったらしい。
不人気の一因には
エド・シーランの
ヴォーカル・スタイルが
コブシの使い方を含め
アメリカのカントリー・
シンガーの技巧を
取り入れてる事が考えられる。
日本人のカントリー・
アレルギーは相当重症だからね。
1度見たら忘れられない
あの地味なルックスだけが
不人気の理由じゃないよ。
でもそんな日本の状況も
今ヒット中の
ポップ・チューン
「シェイプ・オブ・ユー」と
来日プロモ・テレビ出演で
きっと変わるね。

image
ED SHEERAN/DEVIDE (CD)
WARNER MUSIC JAPAN : WPCR17707 (2017 JP)

MARK LANEGAN BAND/PHANTOM RADIO マーク・ラネガンの「ファントム・レディオ」

マイク・ラネガン
(元クイーン・オブ・
ストーン・エイジ)の前作
ブルース・フューネラル」は
2012年の大傑作アルバム。
マークの荒廃した
凄みのあるボーカルと
コンプレッサーを効かせた
ドス黒いサウンドの
マッチングが素晴らしく
聞くたびに引き込まれた。

前作に比べれば2014年
に出たこのアルバム
ファントム・レディオ」は
ライト級な印象。
とはいえマークは
1人芝居の役者のような
存在感をアルバム全編に
放ち続ける。
4月に出る新作「ガーゴイル」の
前評判も上々らしい。

image
MARK LANEGAN BAND/PHANTOM RADIO (LP)
VAGRANT RECORDS:VR4236 (US 2014)

SUN RA & MERZBOW/STRANGE CITY メルツバウこと秋田昌美がサン・ラをリミックス

サン・ラの
「ストレンジ・ストリングス」と
「マジック・シティ」を
ノイズ加工した
メルツバウ(秋田昌美)を
御紹介しますね。
これって
オホーツクの海で寒泳とか
高野山で不眠不休の護摩行とか
辛い苦しい
気持ちイイって類の
選ばれし人々にのみ
許された喜悦なのかしらん。
修行の足りない
私(長崎父)はいまだ
LP盤両面最後まで
聞き終えることができません。
なので
お客様からのリクエストは
バンジージャンプ。

image
SUN RA & MERZBOW/STRANGE CITY (LP)
COLD SPRING :CSR 229LP (2016 UK)

SUN RA SINGLES THE DEFINITIVE 45s COLLECTION VOL.1 1951/1961 サン・ラのシングル盤コンピレイション第1集

レジェンド食わず嫌いベスト3は
草間彌生
ヨーコ・オノ
サン・ラ
じゃない?
この大物3組に共通する
何とも言えない
ウサン臭さに対して
一歩踏み込めない人が
ちょっと前は一杯いたんだよね。
でもここ数年は
様変わり著しく
草間彌生の展覧会は
満員御礼だし
ヨーコ・オノのLPは
DJに大人気。

土星生まれ地球育ちの
サン・ラの人気も
最近すこぶる高い。
毎年発売される
コンピの数を見ても
それは明白。
今年だけでもう7タイトル
出てるからね。
生前サン・ラは
125枚のLPを
発売しているんだけど
それに劣らずシングル盤も
沢山出していた。
シングルいっぱい出して
地球人とのコミットを
積極的に図る
見かけによらずフレンドリーな
宇宙人だったのね。
1950年代はジャズに
こだわらずドゥーワップ物も
出してるし。

3枚組LPに
35曲分のシングル盤を
収めたコンピが発売された。
いい意味でアラカルト感があり
飽きない。
編集のうまさでは
去年出たジャルス・
ピーターソンのコンピ

優っているけれど
ヒルトリー・オブ・サン・ラ
としての価値はこちらが上。
5月に
第2集(1962-1991)
も出るのでLP盤を
手に入れたい方は
早めにご予約を。

image
SUN RA/SINGLES THE DEFINITIVE 45s COLLECTION VOL.1 1951/1961 (3 LP SET)
STRUT:STRUT148LP (2016 DE)