SUN RA & MERZBOW/STRANGE CITY メルツバウこと秋田昌美がサン・ラをリミックス

サン・ラの
「ストレンジ・ストリングス」と
「マジック・シティ」を
ノイズ加工した
メルツバウ(秋田昌美)を
御紹介しますね。
これって
オホーツクの海で寒泳とか
高野山で不眠不休の護摩行とか
辛い苦しい
気持ちイイって類の
選ばれし人々にのみ
許された喜悦なのかしらん。
修行の足りない
私(長崎父)はいまだ
LP盤両面最後まで
聞き終えることができません。
なので
お客様からのリクエストは
バンジージャンプ。

image
SUN RA & MERZBOW/STRANGE CITY (LP)
COLD SPRING :CSR 229LP (2016 UK)

SUN RA SINGLES THE DEFINITIVE 45s COLLECTION VOL.1 1951/1961 サン・ラのシングル盤コンピレイション第1集

レジェンド食わず嫌いベスト3は
草間彌生
ヨーコ・オノ
サン・ラ
じゃない?
この大物3組に共通する
何とも言えない
ウサン臭さに対して
一歩踏み込めない人が
ちょっと前は一杯いたんだよね。
でもここ数年は
様変わり著しく
草間彌生の展覧会は
満員御礼だし
ヨーコ・オノのLPは
DJに大人気。

土星生まれ地球育ちの
サン・ラの人気も
最近すこぶる高い。
毎年発売される
コンピの数を見ても
それは明白。
今年だけでもう7タイトル
出てるからね。
生前サン・ラは
125枚のLPを
発売しているんだけど
それに劣らずシングル盤も
沢山出していた。
シングルいっぱい出して
地球人とのコミットを
積極的に図る
見かけによらずフレンドリーな
宇宙人だったのね。
1950年代はジャズに
こだわらずドゥーワップ物も
出してるし。

3枚組LPに
35曲分のシングル盤を
収めたコンピが発売された。
いい意味でアラカルト感があり
飽きない。
編集のうまさでは
去年出たジャルス・
ピーターソンのコンピ

優っているけれど
ヒルトリー・オブ・サン・ラ
としての価値はこちらが上。
5月に
第2集(1962-1991)
も出るのでLP盤を
手に入れたい方は
早めにご予約を。

image
SUN RA/SINGLES THE DEFINITIVE 45s COLLECTION VOL.1 1951/1961 (3 LP SET)
STRUT:STRUT148LP (2016 DE)

ELBOW/LITTLE FICTIONS エルボー7枚目の新作

2012年
ロンドン・オリンピックの
BBC公式テーマソングを
歌ったのはU2でも
コールドプレイでもなく
このエルボーだった。
当時エルボーはすでに英国の
国民的バンドだったわけだが
ロンドン・オリンピック後も
その人気がヨーロッパ圏以外の国に
広がることはなかった。
(日本盤の発売は
ここ数年見送られてるしね)

エルボー7枚目の
新作アルバムが出た。
いつものように
じれったいくらい
欲のないアルバム。
向こうを張ったところが
全くないアルバムともいえる。
大トロの味わいを持った
リード・ボーカリスト
ガイ・ガーヴェイが
バンドに居るってことは
大谷翔平を擁した日本ハム
みたいなものなのに。

でもファンはそんなこと
まったく気にしない。
最初は物足りなく感じる
エルボーのアルバムは
数年後にはいちばんの
愛聴盤になることを
ファンは知っているから。

下のユーチューブだけれど
80年代の傑作ヴィデオ
ゴドレー&クレイムの
「クライ」のパクリじゃないかと
思ったらなんと
ケビン・ゴドレー本人が
監督だった。

image
ELBOW/LITTLE FICTIONS (LP)
POLYDOR : CRE377 (2017 USA)

LEAH DOU/STONE CAFE フェイ・ウォンの娘リア・ドウが素晴らしい

宇多田ヒカルや
ナタリー・コールの例を
出すまでもなく
歌の上手さは遺伝するらしい。
フェイ・ウォンの娘
リア・ドウ(20歳)の
ファースト・アルバムを聞いて
ますますそう思った。
母親のフェイ・ウォンを
思い出させる歌声なのだが
リア・ドウのほうは
アルトが強くてアルファ波多め。
インタビューを読むと
リア・ドウ自身
母親との共通性や相違点を
クールに把握している。
アルバムの印象は
ソイソース・オルタナ。
リア・ドウのアイドルは
レディオヘッドと
ラナ・デル・レイらしいから
納得のサウンド。
国内盤には
フェイ・ウォンをスターにした
クランベリーズの「ドリームス」の
オルタナ解釈ヴァージョンが
シークレット・トラックとして
入っている(しかも日本語)。

image
LEAH DOU/STONE CAFE (CD)
UNIVERSAL : UICY 15564 (2016 JP)

BRIAN ENO/REFLECTION イーノのアンビエント最新作「リフレクション」

アルバム・タイトル
リフレクション」の
英語の意味を調べると

光の反射
音の反響
鏡の映像
水に映った影映
熟考
内省
禿の照り返し(嘘)

アルバムの内容が
「天国への階段」並みに
タイトル通りなので
レビューなんて必要なしね。

こんなベタなタイトル付けても
失笑を買わないのは
「ミュージック・エアポート」で
環境音楽(アンビエント)を
世に広めたイーノのブランド力。

image
BRIAN ENO/REFLECTION (CD)
OPAL/WARP/BEAT : BRC538 (2016 JP)

RANDY NEWMAN/LIVE IN GERMANY 2006 ランディ・ニューマンのライブ

ドイツのサマー・ジャズ・フェス
(2006年)に招かれた
ランディ・ニューマン。
ベヒシュタイン1台を使い
弾き語りというには
あまりに壮大な
ニューマン・ワールドを
展開してみせる。
ヒット曲
「ショート・ピープル」で始まり
隠れた名曲
「今日は雨になりそう」で終わる
全19曲1時間のコンサート
コンサートのハイライトは
「イン・ジャーマニー・
ビフォ・ザ・ウォー」。
この歌は英国人カップルの
つつましやかな幸せを歌った
キンクスの「ウォータールー・
サンセット」の舞台を
ナチスが台頭するちょっと前の
ドイツに置き換えた
死臭のするラブ・ソング。
なぜ死臭を放つかというと
英国人カップルが
ユダヤ人カップルに変わったから。
この曲をよりによって
ドイツ人観客の前で
「殺人の歌です」といって
歌いだすランディ。
明るい曲調であれば
「セイル・アウェイ」と並ぶ
スタンダップ・コメディ的な名曲に
なったかもしれないが
人類主義者ランディはあえて
切なく美しいメロディを
付けることによって
このような悲劇は
ドイツに限ったことではなく
アメリカだろうが
フランスだろうが
世界中どこでも
起こりうることだと暗示する。
なので
過去の罪悪感に苦しむ
ドイツ人にとっては
もの凄く遠回りな救いの歌に
なってるわけね。
DVDも同時発売中。

image
RANDY NEWMAN/LIVE IN GERMANY 2006 (CD)
IMMORTAL IMA105016 (2013 EU)

THE RANDY NEWMAN/SONGBOOK VOL.3 ランディ・ニューマンのソングブック第3集

ランディ・ニューマン
ソングブック集も
このヴォリューム3が最終章。
このソングブック集は
既発売のランディ・ニューマンの
アルバムの中から選び出した曲を
ランディ自身が
スタンウェイ1台を前に
弾き語りするシリーズ。

ランディ・ニューマンの
オリジナル・アルバムに
収められている曲は
傑作ばかりなので
このソングブック集に
選ばれた曲たるや
ボブ・ディラン
ベスト・アルバム・レベル。
放送中止騒動が起きた
「ショート・ピープル」や
自身のドラック漬けを
告白した「ギルティ」や
トイ・ストーリーの挿入歌
「君の友達」など
このヴォリューム3には
選りすぐりの名曲が
収められている。

愛想のない気難しそうなルックスの
ランディだがインタビューで
歌の真の意味や裏の意味などを
聞かれると
「答えは風の中に」なんて言わず
驚くほど正直に答え
また説明もしてくれる。
その姿はまるで自分の論文を
解説する科学者のよう。
そうランディ・ニューマンは
アインシュタインのような頭脳で
世界(または自分自身)を見つめ
パッショネイトな心で読み解く
ミュージシャンなのだ。
(わたくし1度だけランディに
あったことがあります)

ところで昨年の秋
プーチンのことを
こっぴどくやっつけたランディ
2017年は思いっきり毒の効いた
後世に残るトランプ・ソング
期待してまっせ!

1. Short People (2:08)
2. Mama Told Me Not to Come (1:54)
3. Love Story (3:04)
4. Burn On (2:28)
5. You’ve Got a Friend in Me (2:04)
6. Rollin’ (2:31)
7. Guilty (2:45)
8. Simon Smith and the Amazing Dancing Bear (1:46)
9. Davy the Fat Boy (2:38)
10. Red Bandana (2:19)
11. Old Man (2:36)
12. Real Emotional Girl (2:31)
13. I Love to See You Smile (2:26)
14. I Love L.A. (2:31)
15. Bad News from Home (2:58)
16. I’ll Be Home (2:23)

image
THE RANDY NEWMAN/SONGBOOK VOL.3 (CD)
NONESUCH : 075597978155 (2016 US)