カテゴリー別アーカイブ: music

FRANK SINATRA/SONGS FOR YOUNG LOVERS フランク・シナトラの1954年の名作

フランク・シナトラの名作
「ソングス・フォー・ヤング・
ラバーズ(1954年)」の
LP盤を手に入れた。
25センチ盤(10インチ盤)
なので8曲しか
入っていないけれど
8曲すべて名曲で
はつらつとした
若きシナトラ(37歳)の
歌声が味わえる。
晩年のリプリーズ盤にみられる
マッチョ志向の強い
仰々しさはここには無い。
シナトラ・マニアに聞いたら
エヴァ・ガードナーと
結婚していたこの時期の
キャピトル録音に
駄作無しなんだって。

1曲目の「マイ・ファニー・
ヴァレンタイン」は
後のチェット・ベイカーに
代表されるペシミスティックな
歌い方とは違う
幸福感あふれる表現。
ビョークが
ファースト・ソロ・アルバム
カバーしていた
「ライク・サムワン・
イン・ラブ」も絶品。
シナトラの専属ハープ奏者は
コーキー・ヘイルだが
彼女はビョーク・ヴァージョンで
即興色強いハープ演奏を
聞かせていたっけ。
6曲目のロジャース&ハートの
世紀の名曲「リトル・ガール・
ブルー」も当然ながら
素晴らしい
(細野さんのアノ名曲の
ヒントこれでしょうね)。

PS
このアルバムが収録された
ボックス・セット
アマゾンから出ています。
CD10枚に16枚分のアルバムが
入ってたったの1731円
音質もこのLP盤に引けを
取らない良さでお勧めです。

image
FRANK SINATRA/SONGS FOR YOUNG LOVERS (10″ LP)
CAPITOL:H488 (US 1954)

image

JOHN LENNON /IMAGINE ジョン・レノンのイマジン

小出しに発表してきた
「イマジン」の未発表テイクを
ドーンとCD4枚分蔵出しリリース。
この手の未発表テイク集って
結局一度きいたら
それでお終いってパターンだが
「ジェラスガイ」テイク29とは
いったいどんなものか気になり購入。
それにしても
フィル・スペクターが指揮をとる
「フラックス・フィドラーズ」と
命名されたストリングスの
なんと主張の強いことよ。

image
JOHN LENNON/IMAGINE ULTIMATE COLLECTION (2 CD SET)
UNIVERSAL MUSIC JAPAN:UICY 15758/9 (JP 2018)

THE BAGHDAD HONEYMOON/SINGLE VOL 3 僕の青空

バグダッド・ハネムーンの
新しいシングル。

「君は素敵なびっくりテレグラム
サスティンのきいたお前の体
湿った草原よいしょで満開
ジャングルジャングル
お~お~それが僕の青空」

ヴァギナの奥に青空が
というすでに
使い古された感のある
「マルコビッチの穴」的歌詞だが
上海テイストで鮮度アップ。
ピーターパンで発売中。

image
THE BAGHDAD NONEYMOON VOL3/僕の青空 (CD)
HONEYMOON :HR003 (JP 2018)

PRINCE/PIANO & A MICROPHONE ピアノ1台だけで録音されたプリンスのアルバム

プリンスが常に
音楽の高みを目指す
真のアーティストだったことを
証明する1枚が発売された。
(1983年録音)

ひと気のないスタジオで
スタンウェイ一台を前に
「パープル・レイン」や
ジョニ・ミッチェルの
「ケイス・オブ・ユー」等を
歌い上げるプリンス25歳。
弾き語りというには
あまりにアグレッシブ
無限に広がる硬質な表現は
ローラ・ニーロの
ニューヨーク・テンダベリー」の
世界に近い。
「俺は天才だ!」
天国から自信たっぷりな
プリンスの声が聞こえる。

image
PRINCE/PIANO & A MICROPHONE (CD)
WARNER MUSIC JAPAN:WPCR18037

EAGLES/HOTEL CALIFORNIA イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」アメリカ・ファースト・プレスLP盤

ロックの金字塔イーグルズの
「ホテル・カルフォルニア」。
1976年12月8日に発売された
アメリカ・ファースト・プレス
LP盤(7Eー1084)を
手に入れた。

ロック界初のデジタル録音盤は
1969年に出たライ・クーダーの
バップ・ドロップ・デラックス」。
そこからロック界のデジタル録音は
一挙に加速するわけだが
デジタル録音前夜の1967年に
発売された
「ホテル・カルフォルニア」は
最高レベルに達した
アナログ・サウンドを
聞かせてくれるはず
実際その通りだった。

アメリカ・ファースト・プレス
LP盤の話に戻ろう。
国内盤が高域と低域を強調した
ドンシャリ音だったのに対して
テッド・ジェンセン
(ステアリング・サウンド)が
カッティングしたアメリカ
ファースト・プレスLP盤は
中低音に重きを置いたサウンド。
トヨタのクラウンと
リンカーン・コンチネンタルの差?
百聞は「一聴」にしかず
是非ピーターパンでアメリカ
ファースト・プレスLP盤の凄さを
味わって。

image
EAGLES/HOTEL CALIFORNIA (LP)
ASYLUM/7E-1084 (US 1976)

PAUL McCARTNEY/EGYPT STATION ポール・マッカートニー(76歳)は今日も元気

台所から家人の声
「面白過ぎじゃない?これ」。
ベックやアデルを
手がけたプロデューサー
グレッグ・カースティン
と組んだポールの新作
現役感いっぱい。
それを頑張り過ぎとみた
ポールファンの家人の
精一杯の反論が上の一言。
日本盤だけに収められた
デモとおぼしき
2曲のボーナストラックの
シンプルな良さ。
これって3ツ星シェフの
作るマカナイ飯のほうが
お客に出す凝った料理より
美味しかったってことでしょ。

それにしてもだ
ユニバーサル・ミュージック・
ジャパンの帯コピー
「ポール・イズ・バック!
最高のロック・レジェンド
5年ぶりの新作」
来日記念盤だぜ
担当者やる気あんの?
アルバム・タイトルが
「エジプト・ステーション」
なんだから
「ロック・ファラオ・
イズ・バック!
スフィンクスもやってくる
ヤー!ヤー!ヤー!」とか
CDが売れないこの御時世
思いっきりが大事。

image
PAUL McCARTNEY/EGYPT STATION (CD)
CAPITOL UNIVERSAL MUSIC JAPAN : UICC10040 (JP 2018)