カテゴリー別アーカイブ: music

FRANCOISE HARDY/PERSONNA D’AUTRE 素晴らしいフランソワーズ・アルディ6年ぶりの新作

フランスの発売日から
1週間過ぎた今日の朝
フランソワーズ・アルディ
6年ぶりの新作が届いた。
76歳になった今も
デビューした頃と変わらぬ
パッションを秘めた
ヒリヒリした歌いっぷりが
大好きだ。

アルディは当初新作を作る気は
なかったらしい。
その彼女がどうしてアルバムを
作ることになったのか?
アルディ自身に語ってもらおう。

「さまざまな理由によって、
アルバムを新たに作ろうとは
考えていなかったの。
でも偶然耳にした曲
フィンランドのバンド
ポエッツ・オブ・ザ・フォールの
「SLEEP」に恋したことが
すべてのきっかけだったわ。
友人のエリック・ベンジーに
その曲を聴かせたら
彼も気にいってくれて
驚いたことに彼は
自分自身の歌詞無しの曲を
いくつか送ってくれたの。
その美しいメロディーに
インスパイアされて歌詞を
書き始めたわ。
(これはアルディの
最近のアルバム制作のパターン)
私がソングライティングを
再び始めたことを知った
ラ・グランド・ソフィーは
「LE LARGE 」という
素敵な曲をメールで送ってきてくれた。
同じようにパスカル・ダニエルは
忘れられないメロディーを持った曲
「PERSONNE D’AUTRE」を
提供してくれて・・・
ヤエル・ナイムの英語曲
「YOU’RE MY HOME」には
泣くほど感動したわ。
このアルバムはプロデューサー
エリック・ベンジーの才能と
優しいリーダーシップのおかげで、
出来上がったようなもの。
彼がいなかったらこのアルバムが
世に出ることはなかったわね。」

image
FRANCOISE HARDY/PERSONNA D’AUTRE(LP)
PARLOPHONE : 0190295680152 (EU 2018)

KAYLIE MINOGUE/GOLDEN カイリー・ミノーグのナッシュビル録音

カントリー・ミュージックの聖地
ナッシュビルで録音された
カイリー・ミノーグの新作
前々からカイリーの
鼻にかかった歌い方は
カントリー・ソングに
バッチリはまると思ってたけど
これほどまでとはね。
カイリーが愛してやまない
ドリー・パートンを
思い起こさせる
生粋のカントリー・シンガーぶり。
ポップン・カントリーとしては
エド・シーランほど
完成度は高くないものの
時々挿入される
四つ打ちビートのせいか
親しみやすい。
世代や国籍そして性別をも超えた
不動の愛されキャラ
カイリー・ミノーグ49歳。

image
KAYLIE MINOGUE/GOLDEN (CD)
BMG WARNER:WPCR17993 (JP 2018)

image

SUPER FURRY ANIMALS/MWNG スーパー・ファリー・アニマルズのゲール語のアルバム(2000年)

英国でスコットランドと並ぶ
ケルト文化圏ウェールズは
「ランド・オブ・ミュージック」
と呼ばれるほど音楽が盛ん。
スーパー・ファリー・アニマルズは
ウェールズの中心都市カーディフの
出身。
すべてゲール語で歌われ
全英チャート11位にランクインされた
2000年のアルバム
マルズMWNG」の
デラックス・エディションを
買ってみた(CD2枚組)。
サウンドは
実験的でありながら庶民的という
スーパー・ファリー・アニマルズの
いつものスタイルだが
ゲール語の響きがとても新鮮。
シングルのB面(これもゲール語)や
ジョン・ピール・セッション
オール・トゥマロウ・パーティの
ライブなど盛り沢山の内容。
スーパー・ファリー・アニマルズの
この独特の味わい
多くのロックファンに知ってほしい。

image
SUPER FURRY ANIMALS/MWNG (2 CD SET)
DOMINO RECORDS/HOSTESS : HSE10159 (2015 JP)

JACK WHITE/BOARDING HOUSE REACH ジャック・ホワイトの3枚目のソロ・アルバム

最新のグラミー授賞式見た?
大きな枠組みでの
「ポップ・ミュージック」は
安泰だけれど
「ロック・イズ・デッド」は
ますます現実味を帯びて来てると
思った。
根っからのロック信者が
信者であり続けられる
ヨスガの1人
ジャック・ホワイトの新作が出た。
ジャックの体の中には
膨大なロック・アーカイブが
沈殿し今か今かとその出番を
待っている。
ホワイト・ストライプスの時は
古臭いと思われていた
ツェッペリンや
グランド・ファンクの
ユニークな解釈で
新旧のロック・ファンを
狂喜させた。
ソロになっても
膨大なロック・アーカイブの
引用や再構築は続いているのだが
その変わらぬ情熱って点で
ジャック・ホワイトは
「ロック・イズ・デッド」時代の
ひとり十字軍なのかもしれない。
くれぐれもドン・キホーテ的
末路をたどったレニー・クラビッツの
二の舞だけはなしね。

image
JACK WHITE/BOARDING HOUSE REACH (CD)
SONY MUSIC JAPAN : SICP31143 (JP 2018)

武井義明さん(ほぼ日編集者)が今日の朝日新聞に載りました

一昨年ピーターパンで行われた
鈴木慶一&博文さんのライブや
ピーターパンのウェブ制作等で
大変お世話になっている
ほぼ日編集者の武井義明さんが
今日発売の朝日新聞に載ってます。
「私の料理」という欄です。

記事に載っている
パリのお店で教えてもらったという
「揚げ焼きステーキ」ですが
さっき武井さんにメールで
店名をきいたら14区の
「ル・セベロ LE SEVERO」
という店でした。

武井さんが勧めてくれるお店は
どこも間違いがありません。
武井さんが野宮真貴さんと
食べに行ったという
パリ11区の「カルテット」も
出てくる料理出てくる料理
どれも素晴らしかったです。
ここはウェイターが居なくて
シェフが給仕もやっています。
料理の量も半端じゃなかった!

朝日新聞の記事
ぜひご覧になってくださいね。

image

TRACEY THORN/RECORD 赤盤が届きました

作る音楽が特別
ドラマチックな展開を
見せるわけでもなく
プロらしからぬ
音程の不安定さを隠そうともせず
そんなトレーシー・ソーン
なぜ今も特別な存在で
居られるのか?
その答えを見つけるには
トレーシー・ソーンの
どんなアルバムでもいいから
繰り返し10回聞いてみて
というしかない。

トレーシー・ソーンの
アルバムを初めて耳にした時って
とてつもなく物足りなさを
感じるはず。
でもその物足りなさは
トレーシー・ソーンの場合
このアルバムは
未来の名作ですよっていう
保証書みたいなもの。

はじめは物足りなくとも
20年後には名作の例を挙げると
ニール・ヤングの
「トゥナイト・ザ・ナイト」や
ポール・マッカートニーの
「マーカートニー」や
ジェイムス・テイラーの
「ワン・マン・ドッグ」
等々。

上記の先達が
たまたま物足りないアルバムを
「作ってしまった」のとは違い
トレーシー・ソーンは意識的。
物足りない位のアルバムのほうが
長い命を保つ音楽になることがある
その微妙なさじ加減を
操る術(すべ)を知っているのが
トレーシー・ソーン。

image
TRACEY THORN/RECORD (LP)
UNMADE RECORD : ROAD 0011V (2018 EU)

TRACEY THORN/RECORD トレイシー・ソーン6年ぶりの新作

トレイシー・ソーン6年ぶりの新作
嘘偽りなしに「待望の新作」と
呼べるのでは?
CD&LP共全世界明日発売。
LP盤は黒と赤の2種類出るという。
英国から届く予定の
私のLP盤はどっちだろう?

下のユーチューブ
曲名「クイーン」って
ドラアグ・クイーンの
それかと思ったら
女王様きどりのクイーンの意味でした。
トレイシー・ソーンのお化粧が
あまりにそれっぽいのと
ドラアグ・クイーン達のアイドル
シェールみたい声だったのでね。

image
TRACEY THORN/RECORD (LP)
MERGE :