Mr のすべての投稿

joni mitchell/early years 1963-1967 ジョニ・ミッチェル デビュー前の録音がcd5枚組で発売されました。

ジョニ・ミッチェルの
ファースト・アルバムは
1970年4月1日に
日本ビクターから発売された。
当時10代の僕にとって
幸運だったのは
そのファースト・アルバムを
偶然購入したことだ。
大げさに
聞こえるかもしれないが
前年の秋に出た「アビー・ロード」の
生温さに落胆し初めてビートルズの
アルバムを買わなかった僕。
そんな自分にジョニの
ファースト・アルバムは
真剣に音楽に向き合う喜びを
よみがえらせてくれた。
当時このアルバムを友人に聞かせると
アルバムの片面が終わるまで
誰も言葉を発しなかった。
聞く者をそうさせるだけの
冬の早朝のような凛とした美しさが
このアルバムの中にはあった。

ジョニ・ミッチェルがその
ファースト・アルバムを発表する前
1963年から1967年までの
未発表ライブ音源がCD化された。
これはジョニ・ミッチェルの
熱心なファンにとって
「プリーズ・プリーズ・ミー」以前の
ビートルズのデッカ・デモ録音や
ハンブルグ時代の録音を
手に入れるようなもの。
ビートルズの場合は
決して期待通りではなかったけれど
ジョニ・ミッチェルのそれは
予想をはるかに超える素晴らしさだ。
一番驚いたのは
カナダの地元ラジオ局に残されていた
ライブ録音で歌唱に関していえば
ジョニは19歳にして完璧な技巧を
身につけていたことがわかる。

付属のブックレットは
笑えるエピソードでいっぱい。
中でも驚いたのは
ジョニのライブを見た
ジミ・ヘンドリックスが
ジョニのファンになり
テープ・レコーダーを自ら持参し
録音テープを持ち帰ったというくだり。

image
JONI MITCHELL/EARLY YEARS 1963-1967 (5 CD SET)
REPRISE/RHINO:WPCR18375 (JP 2020)

BILL CALLAHAN/GOLD RECORD ビル・キャラハンの最新作

最高に練られた10篇の短編集
のようなアルバムだ。
ビル・キャラハンの
魅力的なバリトン・ボイスと
穏やかなフォーク調のメロディー
そして極端に音数の少ない音楽は
枯山水のフォークといった趣。
だが語られる歌の世界は
恐ろしいほどハードコア。
皮肉抑えめのニルソン?

このアルバムには
タイトルがズバリ
「ライ・クーダー」という曲が
入っているのだが
「ライクーダーは正直者
でも変わり身も早い
キューバを助けたけれどね・・」
一事が万事こんな調子で
額面通りには受け取れない
油断できない曲が並んでいる。
英国の音楽雑誌で
軒並み今年のベスト・アルバムに
選ばれている理由もそこだね。

image
BILL CALLAHAN/GOLD RECORD (LP)
DRAG CITY :DC760LP (US 2020)

CARLA BRUNI/CARLA BRUNI カーラ・ブルーニの6枚目

アルバム・ジャケットの
カーラ・ブルーニ(52歳)の
写真に吹き出しを付けるとしたら
「私まだまだイケテルでしょ?」。
2年前に出たカバー曲集
「フレンチ・タッチ」は
すべて英語詞だったけれど
新作は3曲(英語とイタリア語)を
除きすべてフランス語で歌われている。
ちょっとせっかちかもしれないが
アルバムを1回通しで聞いてみて
とんでもない傑作を作ったもんだと
感心してしまった。
全曲カーラ・ブルーニの自作曲で
アルバム・タイトルもずばり
「カーラ・ブルーニ」。
そのあたりからも
彼女の意気込みと自信を感じる。
前作「フレンチ・タッチ」は
過去2年間ピーターパンで
最もプレイされたアルバム
だったけれど
この新作も同じことが起きそう。

PS:
今どきハーレー・デヴィッドソンの
Tシャツ着て腰くねらせて歌えるのは
カーラしかいないよね。
悶絶するシュアのマイク・・

image
CARLA BRUNI/CARLA BRUNI (LP)
BARKLAY/UNIVERSAL :3500934 (EU 2020)

英国の新人バンドTHIS IS THE KIT

いまブリティッシュ・フォークや
ネオアコ・ファンの間で評判の
THIS IS THE KITの新作
買ってみた。
THIS IS THE KIT
というのはバンド名で
曲はボーカルのケイト・ステイブルスが
書いている。
ケイト・ステイブルスの声は
トレイシー・ソーンより血圧高め
でもサンディー・デニーよりは
血圧低めって感じで凄く魅力的。
ケイト・ステイブルスの旦那は
THIS IS THE KITの
メンバーでもあるのだが
その旦那のブラス・アレンジは
センスが良い。
ミュート気味の
フリューゲル・ホルンの
なめらかな響きが好き。
ケイト・ステイブルスは
インタビューで
トレイシー・チャップマンと
ヴェルベット・アンダーグラウンドの
影響が大きいと語っていたが
アルバムを聞いてガテンがいった。

image
THIS IS THE KIT/OFF OFF ON (LP)
ROUGH TRADE:RT0148LP (EU 2020)

gino paoli/appunti di un lungo viaggio 素晴らしいジノ・パオリの新作(2枚組cd)

ジノ・パオリの
最新作のタイトルは
イタリア語で
appunti di un lungo viaggio
日本語に訳すと「長い旅のメモ」。
歌われている内容もタイトル通りで
2枚組CDの1枚目には
自身の人生を夏・冬・春・秋に
たとえた曲が切れ目のない組曲に
まとめてられている。
作詞作曲はジノ・パオリ本人で
86歳という年齢を考えると
ちょっとびっくり。
ディランやポールより
ずっと年上なのに
その衰えを知らぬ創作意欲には
ほとほと感服。
それにもまして驚かされるのは
ジノ・パオリの艶やか歌声。
先週ご紹介したダン・ペンと並ぶ
奇跡の歌声と言っていいのでは?

もう1枚のCDの方は
デビューから近作までの
アルバムの中から
ハイライトと呼べる曲を
14曲選び出し
ストリングスを絡めた
ジャズ・アレンジで聞かせる。
これも音楽人生の
「長い旅のメモ」ということで
アルバム・タイトルと合致。
カーラ・ブルーニの
大ベストセラー・アルバム
ケルカン・マ・ディ
(2002年)でカバーされた
ジノ・パオリのヒット曲
“Il Cielo In Una Stanza”
も入ってる。

image
GINO PAOLI/APPUNTI DI UN LUNGO VIAGGIO (2 CD SET)
WARNER MUSIC :5054197045509 (IT 2019)




よりによってアンコールの曲でタバコ吸ってる!

DAN PENN/LIVING ON MERCEY ダン・ペンの26年ぶりの新作

トニー・ジョー・ホワイトと並ぶ
カントリー&ソウルの
第一人者ダン・ペンの新作が出た。
デモ録音や先週ご紹介した
ヨーロッパのライブ録音を除くと
これがソロアルバム3枚目。
聞いたところによれば
アレサ・フランクリンを始めとする
ソウル・シンガー達に書いた
膨大な楽曲から生まれる年間印税額は
ジミー・ウェブのそれを
上回るほどなんだとか。
なるほど大好きな釣りや
ビンテージ・カーのコレクションに
没頭できるのはそのせいなんだね。

さて26年ぶりの新作だが
まず驚くのが
ダン・ペンの声の若々しさ。
先週ご紹介したライブ盤でも
触れたことだけど
普段の健康管理のたまものだね。
78歳の高齢にもかかわらず
全13曲すべて書下ろしの新曲で
ナッシュビルを中心とした
若手ライターとの共作が多い。
昨日書き上げた新曲を
今すぐファンに聞かせたい
そんなダン・ペンの思いが
ひしひしと伝わる傑作だ。
1曲1曲に命を吹き込み
ホログラムのように
リアリティーを浮かび上がらせる
歌う千両役者ダン・ペンの真骨頂
ここにあり。

image
DAN PENN/LIVING ON MERCEY (LP)
THE LAST MUSIC CO :LMLP219 (EU 2020)

DAN PENN&SPOONER OLDHAM/MOMENTS FROM THIS THEATRE ダン・ペン&スプーナー・オールドハムの名作ライヴがついにLP化

1999年に発売され
ダン・ペンの再評価につながった
スプーナー・オールドハムとの
全英ツアーCD。
世界中のアメリカーナ音楽の
愛好者達が涙した
あのアルバムだ。
その人気は日本にも飛び火し
その年の冬には
まさかの日本公演が実現。
あれから20年ついにLP化

来日当時58歳のダン・ペンの
歌のうまさ
もっと正確に言えば
「喉の強さ」には心底驚いたが
サインをもらいに楽屋に行って納得。
高校時代から付き合い結婚し
このツアーでも楽屋で
しっかりにらみを効かせる
リンダ夫人による健康管理が
その喉の強さの秘密だった。
アルコール&タバコは一切駄目
九段会館の楽屋の
テーブルに並んでいたのは
コンビニで買ってきた
ラップされたままの
サンドウィッチと
特大ペット・ボトルに入った
オレンジ・ジュースだけ。
おいおい
アレサの「ドゥ・ライト・ウーマン」
ジェイムス・カーの「ダーク・エンド・
オブ・ザ・ストリート」を書いた
天下のダン・ペンですぜ。
アラバマ出身のダン・ペン
てっきりバーボンの瓶が
並んでると思ってたのに。
そのリンダ夫人のおかげで
79歳になった今も
現役バリバリってことだね。
新作が来週届く予定。

image
DAN PENN & SPOONER OLDHAM/MOMENTS FROM THIS THEATRE (LP)
LAST MUSIC : LMLP222 (EU 2020)

hitsville:the making of motown 映画メイキング・オブ・モータウン 仙台チネ・ラヴィータで絶賛上映中

深夜12時を過ぎると
聞こえだす三沢基地から届く
FENを毎晩楽しみにしていた
中学生時代の私。
モータウン・レコードが次々送り出す
シュープリームスや
スティーヴィ・ワンダーの
最新ヒット曲をアメリカ本国と
タイムラグ無しで聞ける喜びを
想像してみてほしい。

1966年10月の深夜
フォー・トップスの「リーチ・アウト・
アイル・ビー・ゼア」の
イントロが流れだした時のショックは
今も忘れられない。
「メイキング・オブ・モータウン」で
スモーキー・ロビンソンと共に
狂言回しを務めるモータウンの社長
ベリー・ゴーディ・ジュニアの
口から発せられる
「イントロの10秒が勝負」
その言葉を見事に証明してみせたのが
「リーチ・アウト・アイル・
ビー・ゼア」のイントロだった。
それはバッハの「トッカータとフーガ」
並みの衝撃。
ついでに言うとこの曲の
作詞作曲兼プロデューサーの
ホーランド・ドジャー・ホーランドの
3人は曲作りで行き詰まると
バッハをパクッたって
後年雑誌のインタビューで
白状していたね。

「メイキング・オブ・モータウン」の
どこが素晴らしいのか?
それはこの手のドキュメンタリーに
ありがちな醜悪な暴露ものでなく
かといって美談の連発でもない
モータウン・レコードが生み出した
今となっては
奇跡としか言いようのない
きら星のような
膨大なヒット曲の誕生の瞬間に
劇場の観客全員が立ち会える所だ。
唯一個人的に不満なのは
アメリカも日本も映画のポスターは
フォー・トップスの写真が
使われているのに映画本編では
動くフォー・トップスが見れるのは
たった2分弱。
それに比べモータウン・レコードで
フォー・トップスの好敵手だった
テンプテーションズの
動画の量は露骨に多い。
まーそこを減点したとしても
めまいを起こすくらいお宝映像満載の
「メイキング・オブ・モータウン」を
たくさんの人に見てほしい
いまはそれだけ。

image
image
メイキング・オブ・モータウン仙台チネ・ラヴィータで上映中