Mr のすべての投稿

KENNY RANKIN THE COMPLETE COLUMBIA SINGLES 1963-1966 ケニー・ランキン1960年代のシングル集

1980年代の
ケニー・ランキンは
宮城県民会館のような
大箱でコンサートが
開かれるほど人気があった。
(2009年死去)。
コロンビア・レコード時代
(1963-1966)の
シングル集が発売された。
これを聞くと1960年代で
早くもジャズ~ボサノバ~
フォーク~R&B等が混じりあった
元祖クロスオーバー・アーティスト
だったことがわかる。
ティム・ハーディンも
同じようなタイプだけれど
スパニッシュ・ハーレムで
生まれ育ったケニー・ランキンは
コナレ具合がより自然。

このケニー・ランキン
水瓶座ゆえの
オープンマインドな気質から発した
クロスオーバー・アーティストで
あることは確かなのだが
水瓶座特有の気難しさも
合わせ持っている。
仙台のコンサートのあと
楽屋口でサインをもらおうと
スティービー・ワンダーの
「クリーピン」のカバーが
印象的なアルバム「インサイド」を
差し出したら
「これは前の妻との
離婚訴訟中に録音したもので
悪い思い出しか残っていない。
だからサインはしたくない」
とか
ビートルズを3曲も録音しているので
好きなのかと聞いたら
「プロデューサーが
どうしてもというので
仕方なく演ったまで」
とか・・・
そんなケニー・ランキンの気難しさも
今となってはいい思い出。

image
KENNY RANKIN/THE COMPLETE COLUMBIA SINGLES 1963-1966 (CD)
SONY:SICP31175 (JP 2018)

ANDY PARTRIDGE/SIDE A:APPLES & ORANGES SIDE A:HUMANOID BOOGIE

清教徒102人がアメリカに向け
出航したことで有名な
イギリス南西部の町プリマス。
1976年に
ジェシー・ウィンチェスターの
コンサートを見るため
プリマスに行ったことがある。
茶色のレンガだらけの
ロンドンとは違い
外壁が青や黄色のカラフルな家が
たくさんあった。
イギリス南西部の
強い太陽の下で暮らす
地元の人たちは快活で親切。
それはまるで
イギリスで10年以上続く
人気テレビ・ドラマ
「ドック・マーチン」に登場する
キャラの強い登場人物のよう。
「ドック・マーチン」の舞台は
プリマスから北西へ約20キロの
ポートウェンという小さな港町。

「ドック・マーチン」には
切れ味鋭いジョークを連発する
元有名ミュージシャン
ロジャーが登場する。
そのロジャーは
地元に帰り音楽教師になったものの
複雑な性格故に首になり
自宅で音楽を作り続ける毎日。
そんなロジャーの姿は
XTCを解散して
同じくイギリス南西部
スウィンドンに住み続ける
アンディ・パートリッジ(64歳)
と重なる。
アンディ・パートリッジのサイトから
サイン付きで届いた
シングル盤を聴きながら
ロジャーやアンディのような
ミュージシャンシップ溢れる連中が
今もいっぱいいる英国が
ちょっとうらやましいと思った。

PS
7月27日から
アンディ・パーリッジのHP
購入できます。

image
ANDY PARTRIDGE/SIDE A:APPLES & ORANGES SIDE A:HUMANOID BOOGIE (SINGLE CD)
APE HOUSE:APEEP 901CD (2018 UK)

THE JAYHAWKS/BACK ROADS AND ABANDONED MOTELS ジェイホークスの素晴らしい新作

レイ・デイヴィスの
「アメリカーナ」と
その続編
「アワ・カントリー」の
バックを担当したのは
ミネアポリス(ミネソタ州)を
中心に20年以上活動を続ける
ジェイホークスだった。
レイ・デイヴィスと
ジェイホークスの
コラボというよりは
ジェイホークスが
完全に裏方に徹した
アルバムだった。
にもかかわらず
結果として
ジェイホークスの持つ
中西部アメリカ人の
まっとうな良心みたいなものが
レイ・デイヴィスの音楽を
より血の通ったものに
していたと思う。

ジェイホークスの新作
発売された。
レイ・デイヴィスのアルバムでも
明らかだったように全編
誠実で確信にあふれた
透明感のある音楽だ。
何かしらのインパクトを
ジェイホークスに期待するのは
おかど違い。
ジェイホークスの持つ
あく抜き「ファーゴ」のような
底知れぬ大きさを味わいたい。

image
THE JAYHAWKS/BACK ROADS AND ABANDONED MOTELS (CD)
SONY:SICP5814 (2018 JP)

レナード・コーエンの父ネイザン・コーエンが撮っていたファミリー・ムービー

オンでもオフでも
常にスーツ着用をかかさなかった
レナード・コーエン
そのこだわりは
どこから来たのだろう?
答えはこのコーエン家の
ファミリー・ムービーの中に
隠れていた。
カナダ・モントリオールの
英語をしゃべる地区で生まれ育った
レナード・コーエン。
レナードの父ネイザンは
カナダの「オンワード樫山」
ともいえるフリードマン・
カンパニーの社長だった人。
夏のビーチでもネクタイを外さない
ネイザンが映っているよね。
そんなネイザンの影響は
とても大きかったのかも。
レナード・コーエンは
悲しみのダンス」や
数々の詩集の中で
何度も父ネイザンのことを
語っている。

image

レナード・コーエン1972年2度目のヨーロッパ・ツアー

熱狂的に迎えられた
1970年の初ヨーロッパ公演に
引き続き1972年
2度目のヨーロッパ・ツアーを
敢行したレナード・コーエン。
先週そのドキュメンタリー映画が
ユーチューブで公開されました。
(約1時間45分)

このあとレナード・コーエンは
2年ごとにヨーロッパ・ツアーを
行っていくわけですが
僕は幸運にも1976年のロンドン
「ニュー・ビクトリア・シアター」での
コンサートを見ることができました。
1980年代中期の
洋服の黒ブームが始まる前なのに
レナード・コーエンはシャツから
ネクタイまで全身真っ黒な
いでたちでした。

それにしても
楽屋はまさに「大奥」状態ですね。
レナードを取りかこむ
女たちの思惑がむんむんしてます。
人目をはばかることなく
公演地が変わるたびに
繰り返されるレナードの
ナンパ&逆ナンパ。
「じゃ今晩7時半にね」
「気が変わっちゃいやよ(微笑)」
そのやり取りを
クールな顔して聞き入る元カノ達
(ジェニファー・ウォーンズ他)。
そんなこんなを素知らぬ顔して
楽しむレナード・コーエン。
コンサートのステージ以上の
見ものです。

RAY DAVIES/OUR COUNTRY AMERICANA ACT 2 レイ・デイヴィスのアワ・カントリー アメリカーナ・アクト2

「アメリカーナ」の続編
アメリカーナ・アクト2
アワ・カントリー
」が
発売された。
レイ・デイヴィスの
インタビューを読んだら
「アメリカーナ・アクト2」も
「アメリカーナ」と同時に
録音されたという。
アルバム2枚分を一挙に
録音してしまった
レイ・デイヴィス(73歳)の
創作意欲に感服。

ロンドンの北部マズウェル地区で
生まれ育ったレイ・デイヴィス
だけれども
心は今も古き良き
ウェスト・ヴァージニア(米)に
置いたままだと歌の中で語る。
キンクスのリーダーとして
全米をツアーで回った時の
思い出を語ることにより
現代の世情を浮かび上がらせる
そんな曲作りが目立つ。
歌の舞台も今回は
北部の大都市を避け
中西部(ミネアポリス)や
深南部(ニューオリンズ)といった
アメリカの魂が宿るといわれる
ミシッシッピー川沿いが中心。
どの曲にも
アメリカという国や人々に対する
レイ・デイヴィスの
愛憎溢れるストレートな物言いが
うかがえる。
エトランゼ
レイ・デイヴィスにとって
アメリカは永遠の
「ユー・リアリー・ガット・ミー」
なのかもしれない。

image
RAY DAVIES/OUR COUNTRY AMARICANA ACT 2 (2 LP SET)
SONY:88985480301 (EU 2018)

GRUFF RHYS/BABELSBERG グリフ・リース4年ぶりのアルバム

4年ぶりの
グリフ・リース(47歳)の新作
この世代のイギリスの
中堅ロッカー達は
ちょっとやそっとじゃ動じない
スーパーマイペースな連中ばかり。
その中でもグリフ・リースの
ノホホンとした俗離れ感は
半端ないのだが
歌詞はとても外向きというか
一生活者としてモノ申すタイプ。
今回も世にはびこる格差のゴマカシや
テレビやネットを通じて垂れ流される
ニュースに対する人々の感覚のマヒとか
アップデイトな事柄が歌われている。
こういった場合アーティスト自身の
ユーモアとインテリジェンスの
レベルが作品の優劣を
決定するわけだが
その点でグリフ・リースは一流。

image
GRUFF RHYS/BABELSBERG (LP)
ROUGH TRADE:RT0010LP (UK 2018)

PAUL McCARTNEY THE LATE LATE SHOW WITH JAMES CORDEN

昨晩ついに
「レイト・レイト・ショー・
ウィズ・ジェイムス・コーデン」の
人気コーナー「カープール・
カラオケ」にポール・
マッカートニーが登場。
本番前の練習を怠らない
努力家のジェイムスが
曲の歌詞を間違えたり
忘れたりしている!
そんなことは
「カープール・カラオケ」で
これまで一度もなかった。
まして曲の途中で
歌詞チェックのため
テロップをチラ見するなんて皆無。
ポールのリアル・ファンの
ジェイムスの緊張たるや
想像するに余りある。

今週発売になった
ミュージック・ライフ
ザ・ビートルズ日本公演
1966特別版
」もお薦め。
単なるビートルズ・トリビアで
終わらないビートルズ愛溢れる内容。
4人とも良い表情してる。

image

image

image

image