Mr のすべての投稿

LEONARD COHEN/THANKS FOR THE DANCE レナード・コーエンのラスト・アルバム

レナード・コーエンは
2016年の
「ユー・ウォント・
イット・ダーカー」の制作中に
次のアルバムの準備を始めていた
それがこの新作
「サンクス・フォー・ザ・ダンス」。

サウンド作りを始める前に
レナード・コーエンは
メトロノームのリズムを
聞きながら
ボーカル(語り)部分を
録音したという。
そのテープを携え
息子のアダム・コーエンは
約2年かけ
ロサンジェルス
ベルリン
モントリオールの3都市をめぐり
様々なミュージシャンの協力を得て
この新作を完成させた。
その協力者はというと
ダニエル・ラノアやベック
ジェニファー・ウォーンズや
アーケイド・ファイアーや
ザ・ナショナルのメンバーなど
レナードの音楽を愛する
ミュージシャン達。

この新作
レナードのこれまでの作品同様
「聖」と「性」をベースにした
情景や状況が目の前に浮かぶ曲が
収められている。
しかしそのほとんどは
「ハレルヤ」のように
重層的な意味をもった曲が多く
手ごわい。
タイトル曲
「サンクス・フォー・ザ・ダンス」は
レナードの辞世の句に違いない。

サンクス・フォー・ザ・ダンス

踊ってくれてありがとう
疲れてしまったようで
申しわけない
まだ夜は始まったばかり
踊ってくれてありがとう
さあ元気を出して
ワン・トゥ・スリー
ワン・トゥ・スリー
ワン

貴方の髪にはバラの花
両肩が大きく開いたその服を
貴方はずっと着ていた

さあ音楽の音を上げ
ワインを注ぎ
表面にとどまっていよう
表面で結構
これ以上深く入る必要はない

素晴らしかった
速かった
私たちは最初で最後だった
快楽の寺院の前で並んでいたとき
でも私は実に緑で
青は実に青だった
私は実に私で
あなたは実にあなただった
そしてその危機は軽かった
羽毛のごとく

踊ってくれてありがとう
苦しかった
素晴らしかった
楽しかった
たくさん踊ってくれてありがとう
ワン・トゥ・スリー
ワン・トゥ・スリー
ワン

image

LEONARD COHEN/THANKS FOR THE DANCE (LP)

SONY:19075978661 (US 2019)

ANDY PARTRIDGE & ROBYN HITCHCOCK/PLANET ENGLAND アンディ・パートリッジ&ロビン・ヒッチコックの4曲入EP

アンディ・パートリッジが
ワーナーとメジャー契約したという
ニュースを聞いたは約2年前。
その後も自身のレーベルから
ピンク・フロイドと
ボンゾ・ドッグ・バンドの
カバー・シングルを
発売するだけで
メジャーからのフル・アルバムは
今もって発売されない。
そんなところに届いたのが
またまた自身のレーベルからの
ロビン・ヒッチコックとの
4曲入コラボEP
ロビンもアンディも
独自の「ポップ学」を
持っているので
おおいに期待したのだが
想定内の出来でがっかり。
なんというか
御隠居さん同士の茶飲み話レベルで
終わってるだよね。
それを味と言ってしまうのは
アンディ・パートリッジの
凄さを知っている者にとって
とても寂しい。
一時も早くワーナーからの
才気に満ちた新作アルバムを
作って欲しい。

image

ANDY PARTRIDGE & ROBYN HITCHCOCK/PLANET ENGLAND (10″ )APE HOUSE :APEEP902 (UK 2019)

SUPER FURRY ANIMALS/GUERRILLA 1999 スーパー・ファリー・アニマルズの「ゲリラ」

スーパー・ファリー・アニマルズの
アルバム「ゲリラ1999年」が
再発された。
CD1は
アルバム「ゲリラ」の最新リマスターと
各シングルのサイドB集。
CD2は
膨大な量のデモ録音集。
スーパー・ファリー・アニマルズの
アルバム作りは毎回テーマがあって
ある時は
「なんちゃってピンク・フロイド」
またある時は
「シスコのサマー・オブ・ラヴ」
と目まぐるしい。
このアルバムは
「スクラップ・ロック」だね
だから「ゲリラ」なんだろうけれど。
曲を構成する一つ一つの音は
関連性が薄くバラバラ。
山と積まれた廃品回収品の中から
電気スタンドやら車のバンパーやら
ベッドのマットレスやら
雑多なものを引っ張り出し
見たことも聞いたことも無い
オブジェ(曲)を生み出すって
感じかな。
その証拠にCD2に収められた
デモ録音の方は
いたってまともだもの。
このアルバム
メロディー・メーカーで
1999年ベストアルバム第3位に
選ばれてる。

image


SUPER FURRY ANIMALS/GUERRILLA (2 CD SET)
BMG:BGMCAT392DCD (1999/2019 UK)

KIRINJI/CHERISH キリンジの14枚目のアルバム「チェリッシュ」

新生キリンジもこれが4作目
聞き手の集中力を考え
収録時間は42分以内に
抑えられている。
リミックスも見事で
サウンドの熟成度は驚くほど高い。

新生キリンジは
新メンバーの音楽的キャリアを尊重し
「バンド」ならではの
アンサンブルに重きを置いた音楽を
追及して来た。
がここにきて堀込高樹の想い描く
音楽ヴィジョンは
新たな次元に突入したようで
メンバー達はそれを実現するため
「駒」に徹することに決めたみたい。

アルバム前半は
2人のラッパーの参加などもあり
アップデートな曲が並ぶ。
アルバム後半は
落ち着いたトーンにかわり
古くからのキリンジ・ファンを
安堵させてくれる。
特に9曲目の「隣で寝ている人」を
聞いたキリンジ・ファンは泣くね。
そこには
あの「ドリフター」の
高らかなる宣言の
幸せなる結末があるから。

image


KIRINJI/CHERISH (CD)
VERVE/UNIVERSAL MUSIC JAPAN:UCCJ9219 & UCCJ 2170 (JP 2019)

BILLIE EILISH/EVERYTHING I WANTED ビリー・アイリッシュのニュー・シングル

I had a dream
I got everything I wanted
Not what you’d think
And if I’m bein’ honest it might’ve been a nightmare
To anyone who might care
Thought I could fly (Fly)
So I stepped off the Golden, mm
Nobody cried
Nobody even noticed
I saw them standing right there
Kinda thought they might care

[Pre-Chorus]
I had a dream I got everything I wanted
But when I wake up I see
You with me

[Chorus]
And you say, “As long as I’m here, no one can hurt you”
Don’t wanna lie here, but you can learn to
If I could change the way that you see yourself
You wouldn’t wonder why you hear, “They don’t deserve you”

[Verse 2]
I tried to scream but my head was underwater
They called me weak, like I’m not just somebody’s daughter
Coulda been a nightmare, but it felt like they were right there
And it feels like yesterday was a year ago
But I don’t wanna let anybody know
Cause everybody wants something from me now
And I don’t wanna let them down

[Pre-Chorus]
I had a dream I got everything I wanted
But when I wake up I see
You with me

[Chorus]
And you say, “As long as I’m here, no one can hurt you”
Don’t wanna lie here, but you can learn to
If I could change the way that you see yourself
You wouldn’t wonder why you hear, “They don’t deserve you”

[Outro]
If I knew it all then, would I do it again?
Would I do it again?
If they knew what they said would go straight to my head
What would they say instead?
If I knew it all then, would I do it again?
Would I do it again?
If they knew what they said would go straight to my head
What would they say instead?

エマーソン北村「遠おち近こちに」

「ふちがみとふなと」の
最新曲「マジシ」は
元ミュートビートの
オルガン系キーボード奏者
エマーソン北村さんとのコラボ。
今風ラウンジ・ミュージックだと
評判のエマーソン北村さん
アルバム「遠おち近こちに」を
買ってみた。

1960年代の日本で
ラウンジ・ミュージックと言えば
なんといってもヤマハのエレクトーン。
日曜の老舗デパートの入口付近では
必ずと言っていいほど
エレクトローンの生演奏をやっていた。
仙台だと「藤崎」の青葉通り側の
生演奏が有名で
1日数回の演奏が
当たり前のように行われていた。
エマーソン北村さんのアルバムも
そんなレトロな懐かしさと
現代的な歯切れの良さが
イイ感じで混じりあっている。
牧歌的な雰囲気の何曲かは
岩合光昭の「世界ネコ歩き」の
BGMにぴったりじゃない?
カバーも2曲入っていて
イアン・デュリーが居た
キルバーン&ハイローズの
「コール・アップ(1975年)」が
嬉しかった。

image


エマーソン北村/遠おち近こちに(CD)
BUBBLINGNOTES:KMCDA006 (2014 JP)

JOHNNY HALLYDAY/ON STAGE TOUR 2012 ジョニー・アリディのラスト・ライブ

フランスの国民的歌手
ジョニー・アリディ
(1943年ー2017年)の
ラスト・ライブ盤を御紹介。
亡くなる5年前ジョニー69歳の時の
フランス・ツアーの模様が
CD2枚分に収められている。
どの会場も万単位のキャパで
場内を埋め尽くした
ジョニー・アリディ信者の熱気に
圧倒される。
このジョニー・アリディ
日本ではシルヴィ・ヴァルタンの
元旦那という認知度だけれども
フランスでは逆でシルヴィは
ジョニー・アリディの元妻という扱い。
ちなみに結婚は生涯5度。

重厚かつ濃厚なプレリュードに
導かれジョニー・アリディが登場。
1曲目からフルスロットの
鋼のような声を出し続ける
ジョニー・アリディ
これで最後まで喉が持つのかしらん?
それが持つんですよね。
途中泣きの「マリー」や
30人編成のオーケストラを
バックにしたひとり語りなどを交え
「レ・ミゼラブル」然とした
スペクタクル・ショーを展開。
第一部(CD1枚目)は
ジミ・ヘンの「ヘイ・ジョー」で
終了。

第二部(CD2枚目)はフランスの
エルヴィス・プレスリーと呼ばれた
1960年イエーイエー時代の
メドレーでスタート。
通常は箸休め的展開になるところを
さらに攻め立てるジョニー。
「最後まで持つのかしらん?」は
取り越し苦労だったね。
最近のポールやミックのステージが
すごいって言われけれど
ショーマンシップと
その技術って点で
ジョニー・アリディとは
オダイリサマとゴニンバヤシくらいの
差がある。
(3人は年齢が一つ違い)

image

JOHNNY HALLYDAY/ON STAGE (2 CD SET)
WARNER MUSIC FRANCE:2564544839 (2013 FR)

ELBOW/GIANTS OF ALL SIZES エルボーの8枚目のアルバム

エルボーの新作
これまで以上に
硬質で構築的でプログレ寄り。
ガイ・ガーヴェイの歌声も
サウンドに寄り添い
必要以上に出しゃばらない。
とはいえ
エルボーの新作を毎回
楽しみにしているのは
ガイ・ガーヴェイの歌声が
聞けるから。
歌自慢に事欠かない
アイルランド系歌手の中でも
ガイ・ガーヴェイの歌声は別格。
ちょっと大袈裟かもしれないが
ガイ・ガーヴェイの歌の周りは
いつも清廉な風が吹いている。

下の「ウィチタ・ラインマン」
オリジナルのグレン・キャンベルは
別として
このエルボー・ヴァージョンが
歴代ベスト・ワンだろうね。
レイ・チャールズも
ジョニー・キャッシュも
エルボーほどには
歌いこなせていなかったし。
このエルボー・ヴァージョンからは
作曲者ジミー・ウェッブが
この歌の背景に選んだ
アメリカの大草原がはっきり見える。

image
ELBOW/GIANTS OF ALL SIZES (LP)
POLYDOR:60257764402 (2019 EU)