CANNED HEAT CARDBOARD SLEEVE CD REISSUES キャンド・ヒートの名作が紙ジャケ化

1960年代のアメリカは
ブルース・ロック・バンド花盛り。
時代が時代なので
ドラッギーでサイケデリックな
バンドが大部分だったが
キャンド・ヒートはきわめて正統派。
東のポール・バターフィールドに
西のキャンド・ヒート?
ブルース講座的生真面目さが味だった
ポール・バターフィールドに対して
本格的だが西海岸的緩さが
たまらないキャンド・ヒート。

リバティ・レコード時代
(1967年から1973年)の
キャンド・ヒートのアルバムが
紙ジャケ化された。
外れのアルバムは無いね。
ザ・ベアことボーカルの
ボブ・ハイトがバンドの顔だが
エリック・クラプトンや
ピーター・グリーンが
「彼こそ最高の
白人ブルース・ギタリスト」と
称えたギター&ボーカルの
アラン・ウィルソン
(1970年死去)を
忘れちゃいけない。
アランが在籍してた
初期4枚のアルバムは完璧。

PS
映画ウッドストックで
印象的に使われた
キャンド・ヒート最大のヒット曲
「ゴーイン・アップ・ザ・カントリー」
だけどずっとボブ・ハイトが
ボーカルだと思い込んでた。
実はアラン・ウィルソンだったんだね。

image
CANNED HEAT/SELF TITLED THEIR FIRST-WITH MEMPHIS HEAT (10 CD ITEMS)
LIBERTY/POLYDOR : UICY 78381-78392 (JP 2017)