細野晴臣 の ホソノバ HOSONOVA

1973年の1月

ジェイムス・テイラー日本最終公演が

終わったあと渋谷公会堂の前で

細野さんと初めてのソロアルバムの話をした。

狭山の自宅に録音卓(日本初の16チャンネル)を

持ち込んでもうすぐ録音始めるんだって

教えてくれた。

僕「今回ジェイムス・テイラーは何回見たんですか?」

細野「今日だけだよ」

僕「えーーーーーーー」

「はっぴいえんど」の他の仲間や

加藤和彦さんらが連日新宿厚生年金会館の

最前列近くに陣取っているのを

何度か見かけた。

ジェームス・テイラー日本最大のファンを

自認する細野さんがたった一回だなんて。

でもその疑問は「ホソノハウス」を

聞いてすべて解決したのだった。

***

「はっぴいえんど」は温度とか湿気を

意識させるバンドだ。

よく言われる「季節」というのは大雑把すぎる気がする。

「ホソノハウス」は寒さ(逆接として暖かさも)が音楽の核だ。

それ以降のアルバム(YMO含)は

暖かい、か、暑い、または温度ナシだった。

この最新アルバムは暑い、そして蒸す。

そこが

トロピカル・ダンディー」と似ている。

トロピカル・ダンディーのときは

カリブ海のふりして東南アジア(亜熱帯日本含)だった。

今回もボサノバ(ホソノ場 HOSONOVA)なんてどこにも無い。

NOを抜いて細そば?

ブランドソバ屋日本橋「砂場」をもじった「細野場」かな。

(下の写真参照、砂場じゃないけど)。

録音は去年なのに

「がんばろう日本」をはるか彼方に

押しやってしまう歌が入っている。

やはり細野さんは仙人。

***

今回のアルバム

ピーターパンで聞くと最高です。

なんたって

ピーターパンのオーディオ設定を

指南してくださったのは

細野さんのクラウン・レコード時代

(トロピカル・ダンディー、泰安洋行など)の

レコーディング・エンジニア

田中信一さんですから。

DSCF6978 HOSONO HARUOMI/HOSONOVA(CD)

VICTOR ENTERTAINMENT : VICL 63777 (JP 2011)