BEN WATT/FEVER DREAM ベン・ワットのコンサートそして新作

ホステス・クラブのイベントで
4度目の来日をはたした
ベン・ワット
トウキョウ・ドーム
シティ・ホールでの
コンサートは本当に素晴らしかった。
(4月10日)
音楽を知り尽くした53歳の男が
一音一音に責任をもって奏でる姿は
ロマンチックで感動的だった。

EBTGの活動を停止してから
本格的なDJに転身した
ベン・ワットだったが
再びロックに戻って
発表したのが2年前のアルバム
「ヘンドラ」。
僕は2014年のベスト・ワンに
このアルバムを選んだ。

新作「フィーヴァ・ドリーム」
前作「ヘンドラ」の
延長線上にあるアルバムだ。
完璧を目指すあまり
ときに窮屈さを感じさせることも
あったEBTGだが
この新作は小編成のバンドスタイルで
4人のミュージシャンが
それぞれ独立独歩なので
音楽がとてものびやか。
ギター:バーナード・バトラー
(スウェード)
ドラムス:マーティン・ディッチャム
(シャーデー)
ベース:レックス・ホラン
(ローラ・マーニング)
来日コンサートもこのメンバーだった。

下のユーチューブだが
自分が生まれ育った家を再訪したら
「レンガと木」だけしか
残っていなかった・・
過去と現在の折り合いのつけ方を
平易な言葉で綴った名曲だと思う。

PS
アルバムタイトル
フィーヴァ・ドリーム」は
ベン・ワット1996年の著書
「ペイシェント」の一節なんだって
ピーターパンのお客様
ロバート(現在カナダ在住)が
メールで教えてくれた。

日本盤のボーナス・トラックは
「ノース・マリン・ドライブ」

image
BEN WATT/FEVER DREAM (CD)
CALOLINE HOSTESS : HSU 10064 (2016 JP)