Mr のすべての投稿

CHRIS DIFFORD CASHMERE IF YOU CAN クリス・ディフォード(SQUEEZE)のソロ

クリス・ディフォード(スクイーズの歌詞はこの人)のソロ3作目

2002年のファースト・ソロ

文句なしの大傑作だった、

それに比べこの新作は・・・

と思ったのに、

レッチリ同様こちらも

何度も聞いてるうちに「馴染んで」しまった。

このままではこのブログ

世の中に悪い人はいないのよね、

とおなじ論調になってしまう。

この新作の面白さ?

人情家クリスと皮肉屋クリスを足して2で割ると

こんな不思議な世界が

生まれるってとこでしょ。

DSCF7425
CHRIS DIFFORD/CASHMERE IF YOU CAN (CD)

SMMC MEDIA LTD : SMMC 1 (EU 2011)

ブルー・ムーン・カルテット @ ピーターパン 10月5日(水)

ブルー・ムーン・カルテット at ピーターパン決定いたしました!

10月5日(水)19:30 スタート(開場18:30)です。

rockcafepeterpan@gmail.com

にてチケットご予約受付中です。

1.代表者お名前

2.人数

3.連絡先電話番号

をご明記くださいませ。

限定30名様(椅子アリ)ですので

お早めのご予約をおすすめいたします。

ミュージック・チャージ ¥3000+ドリンク代 ¥500

Banban

 

 

RED HOT CHILI PEPPERS I’M WITH YOU レッチリの新作

レッチリの新作だけど

ジョン・フルシャンテ脱退の痛手は

やっぱり相当大きかった、

というのが最初の印象。

「有効」「技あり」な曲が並び

合わせ技「一本」って感じのアルバムだしね。

でも聞いてるうちに馴染むというか

凄みはないけど吟味された明快さで

ヘヴィ・ローテーション。

下のYOU TUBE のルーフトップ・コンサートは

ビートルズ・オタクのプロデューサー

リック・ルービンのアイディアかしらん?

衝撃的なのは

ダミアン・ハースト・デザインのジャケットね。

「丸」い粒の入った

「赤」と「白」のカプセルのダブル・ミーニングは明白でしょ。

ダミアンといったら「ハエ」、そして時は2011年、

アルバムタイトル「 I'M WITH YOU 」の

「私」と「あなた」を何にするかで

ジャケットの不気味さは幾重にも膨らんでいくはず。

DSCF7427
RED HOT CHILI PEPPERS/I'M WITH YOU (CD & T-SHIRT)

WARNER BROTHERS : 9362495648 (EU 2011)

 

ALEJANDRO INARRITU BIUTIFUL 映画ビューティフル素晴らしいです

見てきました「BIUTIFUL」。

どこにも救いのない映画だと聞いていたのですが、

「あんたどこ見てたの?」と言いたくなるほど

救いに満ちた映画でした。

監督アレハンドロ(バベル)は黒澤命らしいですが、

黒澤が単なるディレッタントにおもえるほど

大きな愛情と上等な知性を内に秘めた監督です。

映画が始まってすぐ

大好きな「カフェ・タクーバ」が流れたときは仰天でしたが、

監督がメキシコでラジオDJをやってたことを思い出し

納得しました。

それにしても

主人公を演じたハビエル・バルデムは感動的です。

チネ・ラヴィータで9月23日まで公開中。

DSCF7411
ALEJANDRO GONZALEZ INARRITU/BEAUTIFUL (MEXICO SPAIN 2010)

 

 

BEACH BOYS SMILE ビーチ・ボーイズのスマイル完全版

もう皆さんご存知だとは思いますが

遂に出るんですね、「スマイル」。

ビートルズが「サージェント・ペパーズ」を

録音していた1966年から1967年の同じ時期に

ビーチ・ボーイズは狂気のセッションを

ロサンジェルスで繰り広げていたわけですね。

今ならUSアマゾンで$142.32+送料たったの$4.28で

完全ボックス版(11月1日発売)が予約できます。

ここ見てね!

Beach-boys-smile-sessions

THE DOORS STRANGE DAYS ドアーズ・セカンドのモノラルLP入荷

真空管アンプとモノラルLPの人気は

まだまだ続いています。

ドアーズのセカンド・アルバム

ストレンジ・デイズ」1967年の

モノラルLPを手に入れました。

1967年春に出た「サージェント・ペパーズ」を聞いた

ドアーズの面々は

これからは何をやっても許されるんだ、

と思ったでしょうね。

「サージェント・ペパーズ」発売から数ヵ月後に出た

「ストレンジ・デイズ」、

ファイアー・イン・アイスなロビーのギター

読経のようなジムのヴォーカル・・ETC

その凝りに凝ったサウンドと煽情的な歌詞は

「サージェント・ペパーズ」の数倍の威力で

世界中のティーネージャーをノックアウトしたのでした。

ビートルズの「一目ぼれを信じるかい?」に対して

ドアーズは「1晩に2回イカせて!」ですからね。

DSCF7392

THE DOORS/STRANGE DAYS (LP)

ELEKTRA/UK POLYDOR : EKL 4014 MONO (UK 1967)

 

THE DOORS MORRISON HOTEL ピーターパンのドアはモリソン・ホテルのドアです

ピーターパンは来月9月3日(土)で開店39周年を迎えます。

1972年に開店したときはこんなに長く続けられるとは

思いませんでした。

5月に賃貸契約しプロの手を借りず3ヶ月かけて

ほぼ完全手作りしました。

そのとき入り口「ドア」のお手本にしたのは

(冗談みたいなはなしですが)

ドアーズ「モリソン・ホテル」のジャケット写真だったのです。

1983年の全面改装の時も

ワインレッドのドア(高さ2メートル40センチ)の意匠は残しました。

* * *

それにしてもなぜ1970年に日本ビクターから出た

「モリソン・ホテル」 (SJET 8218)は

アメリカ盤より音がダイナミックなんでしょう?

アメリカ盤の3割増しのブットい音なんですよ。

今日届いたアメリカ初回プレス盤もやはり後期

再発盤と同じで迫力無かったです。

プロのエンジニアに電話して聞いてみました。

いわく

「当時アメリカから届いたマスターテープの迫力の無さに

ガッカリしたビクターのカッティング担当者が(多分小鉄徹さん)

イコライザーやコンプレッサーをかけなおしたのだと思う」

とのことでした。

なーるほど、40年目にして謎が解けました。

アメリカの発売元から

市場としてまったく重要視されていなかった

1970年当時の日本だから許された

ドアーズファンにはラッキーな蛮行(?)と言えるでしょうね。

* * *

YOU TUBE ご覧になってください。

「タイムマシーンにお願い BY SADISTIC MIKA BAND」は

「YOU MEKE ME REAL」まんまですよ。

DSCF7335
DSCF7341
DSCF7332
THE DOORS/MORRISON HOTEL (LP)

ELEKTRA : EKS 75007 (US 1970) SJET 8218 (JP 1970)