Mr のすべての投稿

ジョニ・ミッチェルの紙ジャケ

「紙ジャケ」って

日本が誇る隠れた輸出品なんですね。

オリジナルLPと寸分違わぬ精巧な作りは

すでに世界的な評価を得ています。

ご存知のように

2009年ビートルズCD再発のときも

英EMIは日本に紙ジャケ製作を依頼し

それが世界中に送付販売されたのでした。

ビートルズでさえ紙ジャケ発売をOKしたのに

紙ジャケ発売許可をなかなか出さなかった

アーティストの一人がジョニ・ミッチェルです。

しかし遂に黄金のリプリーズ/アサイラム時代の作品

10タイトルが出ました。

ほとんど完璧といっていい

アメリカ盤LPのミニチュア・レプリカ誕生です。

残る紙ジャケ未発表の大物といえば

クラフトワークとニール・ヤング

U2とバッファロー・スプリングフィールド

そしてマドンナですね。

DSCF6957
JONI MITCHELL/ST,BOTH,CANYON,BLUE,ROSES,

SPARK,LAWNS,HEJIRA,DON JUAN,MINGUS(CD)

REPRISE/ASYLUM : WPCR 14093/14102 (JP 1968/1979)

オオルタイチのDRIFTING MY FOLKLORE、スバラシイです

オオルタイチの2007年のアルバム。

何重にも堆積した前世の記憶を

たどっていくような音楽じゃない、これ。

太古と未来が出たり引っ込んだりして

聞こえるのはそのせいでしょ。

メジャー感なさそうに見えて

実はギャラクシー感タップリ、そこが好き。

こんな人が21世紀の日本にいたなんて!

心のアンテナが鈍くなってました。

DSCF6922
OORUTAICHI/DRIFTING MY FOLKLORE(CD)

OKIMI RECORDS : OKIMI 012 (JP 2007)

 

 

ジェレミー・スペンサーのファースト・ソロ

すべてジェレミー・スペンサー

(フリートウッド・マックのスライドギター&ヴォーカル)の

オリジナル楽曲です。

でもどうなんでしょう、

好きで好きでたまらない

エルモア・ジェイムスが出てくるのは

仕方ないとしても

プレスリー、ビーチボーイズ、

バディー・ホリー、ボー・ディドリー達の

「なりきり」楽曲が次から次と飛び出してくるのは?

ピーター・グリーン

(フリートウッド・マックのギター&ヴォーカル)の

ソロ・アルバム(1970年)もなんだかなー

ってシロモノだったけど、

破天荒さぶりでいったら

ジェレミー・スペンサーのソロ(1970年)に

到底かないません。

フリートウッド・マックのメンバーも

全員参加しているけれど

ジェレミー「いいだろ、この曲!」

メンバー「うううん・・・・・・最高だね!(汗)」

の会話が聞こえてきそうです。

下のYOU TUBEをよーく見てください。

リーダーのピーター・グリーンが

「次の曲はジェレミーが歌います・・」と

紹介している最中のダニー・カーワン(左隣)の

なんともいえない顔・・・・・

バンドの崩壊を1年後に迎える予兆?

DSCF6914
JEREMY SPENCER/SELF TITLED(CD)

FOOT PRINT RECORDS : FPR 29004 (UK 1970/2007)

 

 

コーナーショップの新作はパンジャブ

コーナーショップ2年ぶりの新作

ブリット・ポップ+バングラ・ビート(パンジャブ・ビート)。

女性ゲスト・ヴォーカルのBUBBLEY KAURは

全編パンシャブ語で歌ってます。

でも踊るマハラジャ「バングラ・ビート」の猥雑さは

ここにはまったくありませんね。

エレクトロなのに手作りっぽい

コーナーショップの専売特許は今回も健在です。

聞き込むほどに

これはブリット・ポップの傑作だと思いました。

なんたってチャーミングな曲満載ですから。

PS:

YOU TUBE2番目のヴィデオは

キンクス・ファンの聖地、

夕刻のウォータールー・ステーションを

眺められるテムズ川で撮られています。

DSCF6892
CORNERSHOP/AND THE DOUBLE-O-GROOVE OF

FEATURING BUBBLEY KAUR(CD)

AMPLE PLAY : AMPLA CD 09(UK 2011)

 

地震 ふたたび

余震というにはあまりにすさまじかった昨晩(4月7日)の地震。

しかし前回の地震同様スピーカー、アンプ、LPは

すべて大丈夫でした。

平常どおりの営業を開始しております。

火・水・木曜&日曜:15時ー22時

金・土曜:15時ー24時

月曜:定休日

皆様是非お越しください!

長崎

七尾旅人&オオルタイチ フリーコンサート@SHAFT

緊急告知

「復興支援プロジェクト」の一環として

今度の日曜日SHAFTにて

フリーコンサートが行われます。

セット1:オオルタイチ

セット2:七尾旅人×U-zhaan(レイハラカミと一緒にやってるタブラ奏者)

4月10日(日)6時会場・7時開演

ドリンク代500円は御負担ください。

整理券はございません

並んだ順に入れます。

LCD サウンドシステムの解散コンサート@マディソン・スクエアー・ガーデン

NY時間で11PMから始まった

LCD サウンドシステムの解散コンサートを

PITCHFORKで見ている。

ホークウィンドがリメイン・イン・ライト(トーキング・ヘッズ)

やってるみたい。

いまは改心して(?)銀行勤めしてるジム・モリスンが

親友の結婚式で

「新郎新婦の初夜のために、懐かしいこの歌を捧げます」

といってカモンベイビー"LIGHT MY FIRE"歌いだしちゃった、

みたいな。

プロジェクトのリーダーの名前は

ジェイムス・マーフィー。

マイクの持ち方もジム・モリスンと同じ。

さっきもマディソンのステージで

「自分の年齢なんて忘れちまった」

なんて言って若い子をたぶらかしてた。

ジェイムス・マーフィー、

カッコ悪すぎて「TVアメリカン・アイドル」地方予選も真っ青。

***

これって365日毎晩ステーキ食べ続けられる

人種でなくちゃ出来ない音楽だよね。

日本のメタルとかテクノの弱点って

「今晩は何食べようかしら?」っていう

ずっと同じ場所に居られない(とどまれない)

心の起承転結から来るもんでしょ?

ニューヨークのショウ

いまアンコールが始まるところ、

PITCHFORKでストリーム中、

急げ!

PS:下のYOU TUBEは痩せて見えるように

縦長細工が施されているけれど

PITCHFORKじゃマーフィーの巨体ぶりはバレバレです。