LUCINDA WILLIAMS ルシンダ・ウィリアムスの名作が再発されました

ラフ・トレード・レコードから

1988年に発売された

ルシンダ・ウィリアムスの名作アルバム

ボーナス・ライブCD付(1989年オランダ)で

再発された。

ルシンダの音楽ってちょっと聴くと

ごくごく普通のブルース・テイストの

カントリー・ミュージック。

ルシンダの音楽が特別なのは

幼少から十代までを過ごした

アメリカ深南部(ルイジアナやテキサス)や

父スティーヴ・ウィリアムス

(クリントン大統領の就任式で詩を朗読)

の仕事の関係で移り住んだメキシコの

土地の磁力が

今もルシンダの体の中に蓄電され

素敵な輝きを発しているから。

ジョン・レノンが

どれだけニューヨークに長く住もうとも

荒っぽい港町リバプールの磁力を

決して失わなかったように。

もちろんジョニ・ミッチェルから

神経過敏なところを取り去ったような

シンプルでリアルな歌詞の素晴らしさ

あってのことだけれども。

DSCF1848

LUCINDA WILLIAMS/SELF TITLED (2 CD SET)

ROUGH TRADE US/LUCINDA WILLIAMS MUSIC : ROUGH 47 (US 1988/2014)