BECK MORNING PHASE ベックの新譜

ベックの新譜だけど

圧倒的なサウンド構成力に

しょっぱなから鳥肌立ちっぱなし。

ベックは2年前

サーストン・ムーア(ソニック・ユース)の

ソロ・アルバムを

プロデュースしたのだけれど

その時の経験がこの新作に

大きく生きていると思う、

特に音像の遠近法の巧みな処理が。

このアルバムのキー・ポイントに

なってるストリングスなんて

ある時は天上界から

ある時は黄泉の国から

響いてくるからね。

(ストリングスの指揮は

ベックの実父デヴィッド・キャンベル)

このアルバムがベックにとって

12枚目になるのだけれど

世界中の最先端の

レコーディング・スタジオ・システムに

精通したベックが

歪と透明の攪乱の美を

これでもかと言わんばかりに

見せつける。

バーズに代表される

古き良きロサンゼルス・ロックの

鋭角部分を滑らかに削りとり

音と音の境界線をにじませ

ミルク&ハニーな桃源郷世界を

出現させている。

DSCF1929

BECK/MORNING PHASE (LP)

CAPITAL RECORDS : 602537649747 (US 2014)