GRUFF RHYS AMERICAN INTERIOR グリフ・リースのアメリカン・インテリア

ウェールズ出身の

ケルト系英国人

グリフ・リースが作る音楽は

いつも変。

特に最近は多作ぶりに

拍車がかかりヨリ変なものを

次々と出してくる。

しかも歌い方も含めて

煮え切らないその音楽姿勢は

マニアのみを喜ばせ続ける。

でもこの煮え切りなさって

グリフ・リーフの人の好さを

感じさせるウィットが

変容したものなんだけどね。

日本でこのタイプ?

そりゃ鈴木慶一でしょ。

***

また新作が届いた。

テーマはでっかく

「アメリカン・インテリア」。

グリフ・リーフの遠い先祖

JOHN EVANS (1770-1799) が

たどった道程

東海岸バルチモアから

ノース・ダコダまでを

グリフ自身が再び旅してみるという

一大スペクタクル絵巻

でもショボイ。

いやショボクなくちゃいけない

ショボクなかったら

魂の叫び U2」 になっちゃうからね。

英国のTHE TIMES 紙は

愛をこめてこの新作を

「頑張りすぎない良さ」

と褒め称え異例の

5星を与えたけれど

言葉をかえれば

ショボイの万歳!ってことでしょ。

***

このアルバムと同時に

ペンギン・ブックから関連本と

友人の DYLAN GOCH が

監督を務めたドキュメンタリー映画も

出るよ。

6a0147e2afb7fa970b01a3fd079422970b

GRUFF RHYS/AMERICAN INTERIOR (LP+CD)

TURNSTLE : TS008LP (2014 UK)