XTC SKYLARKING 陰毛ジャケット&正規音源で再発

XTCは大好きだが

「SKYLARKING (1986年)」以降の

アルバムは今一つ。

あの「1980年代」のデジタル録音が苦手。

デジタル録音は

ビビットさやシャープさを

より強調するものだと思うが

「SKYLARKING」は曲の良しあし以前に

デジタル録音の貧弱さばかりに目が行く。

デジタル録音が音楽として

ちゃんと聞けるようになる

2000年以降の録音だったら

たぶんもっともっと聞いたと思う。

***

「SKYLARKING」の1986年版は

単純なミスでステレオの位相が

間違った状態で発売されたという。

今回の「SKYLARKING」再発盤

正しい位相で発売された。

ピーターパンにある1986年発売の

英国盤LP(これも位相が間違っている)と

再発CDを聴き比べてみると

ベースの伸びは10%くらい良くなってる。

でもデジタル録音の貧弱さは

以前のままだった。

6a0147e2afb7fa970b01a3fd1613a0970b

XTC/SKYLARKING (CD)

APE HOUSE : APECD113 (2014 UK)