JAMES BLAKE SINGS BILLIE EILISH “WHEN THE PARTY’S OVER” ジェイムス・ブレイクがビリー・アイリッシュをカバー

ビリー・アイリッシュが
グラミー賞の舞台で歌った
WHEN THE PARTY’S OVER ね。

Don’t you know
I’m no good for you?
I’ve learned to lose you
Can’t afford to
Tore my shirt
To stop you bleedin’
But nothin’ ever stops
You leavin’

わからないの?
あなたにとって私は良くない存在
私はわかってるわ
耐えられないけどね
シャツを破いて
あなたのケガの血を止めるけど
止められないのは
あなたが離れていくこと

Quiet when I’m coming home
And I’m on my own
I could lie
Say I like it like that, like it like that
I could lie
Say I like it like that, like it like that

帰ると家は静かで
私は一人ぼっち
嘘はつける
一人でいるのが好きなんてね
嘘はつける
一人でいるのが好きなんてね

Don’t you know too much already?
I’ll only hurt you if you let me
Call me friend but keep me closer
And I’ll call you when the party’s over

もうわかってるんでしょ?
私に言わせても傷つけるだけ
友達でもいいけど近くにいさせて
パーティが終わったら電話するわ

Quiet when I’m coming home
And I’m on my own
I could lie
Say I like it like that, like it like that
I could lie
Say I like it like that, like it like that

帰ると家は静かで
私は一人ぼっち
嘘はつける
一人でいるのが好きなんてね
嘘はつける
一人でいるのが好きなんてね

But nothing is better sometimes
Once we’ve both said our goodbyes
Let’s just let it go
Let me let you go

上手く行かない時だってある
一度別れを交わしたら
もう忘れてしまいましょ
忘れさせて

Quiet when I’m coming home
And I’m on my own
I could lie
Say I like it like that, like it like that
I could lie
Say I like it like that, like it like that

帰ると家は静かで
私は一人ぼっち
嘘はつける
一人でいるのが好きなんてね
嘘はつける
一人でいるのが好きなんてね