LOU DOILLON/SOL ILO QUY ルー・ドワイヨンの3作目

ジェーン・バーキンと
映画監督ジャック・ドワイヨンの娘
ルー・ドワイヨン(36歳)。
フランスで大ヒットした(20万枚)
ファースト・アルバム
(2012年)は
フランス語で歌われたが
2作目(2015年)と
3作目にあたるこの新作
すべて英語で歌われている。
父親のジャック・ドワイヨンが
ニック・ドレイクや
レナード・コーエンの
ファンだったので
ルー・ドワイヨンは
幼い頃から
英米のロックやジャズに
親しんでいて
英語で歌うことに
抵抗はなかったという。
(もしかしてファースト・ネイムの
LOUはルー・リードから?)

ルー・ドワイヨンの魅力は
セカンド・アルバムの
歌詞の対訳を読んでも
明らかなように
とてもモダンな
シンガー&ソングライター
だってことに尽きる。
女性のシンガー&ソングライターは
そのほとんどが心象風景を
エッセー風につづるものだが
視点のシャープさって点で
ルー・ドワイヨンは飛びぬけている。
しかしそれ以上に聞き手を
とらえて離さないのは
この魅惑的な悪声だろう。
ルー・ドワイヨンのこの悪声は
ダメージ加工のジーンズや
ブス犬フレンチブルと同列の
21世紀だから通用する
美的センスに違いない。

image
LOU DOILLON/SOL ILO QUY (LP)
BARCLAY/UNIVERSAL:7734205 (EU 2019)