SQUEEZE/THE KNOWLEDGE スクイーズの新作

ヴァイナル人気で
プレス工場が混み合い
CD発売から3か月遅れで
スクイーズの新作LPが届いた。
今回も前作に引き続き
国内盤の発売は無いので
クリフ・ディフォードの
素晴らしい歌詞を日本語で
味わえないのが残念。
今回もタイコウチさんに
おすがりするしかない。
でもサウンドは
昨年のベストワンだと思ってる
レイ・デイヴィスの新作に引けを
取らない熟成ロック。

スクイーズがいまも
ポップン・ロックの至宝として
鮮度を保ち続けていられるのは
楽曲の素晴らしさや
バンド・アンサンブルの良さの他に
デビューから40年経っても
衰えを感じさせない
グレン・ティルブルックの
あの「声」があるから。
その証拠にポップン・ロックの帝王
ポール・マッカートニーの声の衰えは
ポールが書いたどんな名曲をも
色褪せたものにしてしまってるもの。
5月の来日公演が楽しみ。

image
SQUEEZE/THE KNOWLEDGE (2 LP SET)
LOVE RECORDS : LVRLP004 (2017 EU)