バトルズ の グロス・ドロップ BATTLES GLOSS DROP

この夏フジロックで再来日する

アンビエントなハードコア・テクノバンド

バトルズのセカンド

このアルバム

突然のタイヨンダイ・ブラクストン

(アンソニー・ブラクストンの息子)の脱退もあり

難産だったらしい。

強面でも愛嬌のあったファースト(2007年)に比べ

剛速球一本やりというか

「タイト」と「硬直」のハザマを行きつ戻りつ。

多彩なゲスト・ヴォーカルが目を引く。

ヤマタカ・アイ(ボアダムス)が参加した"SUNDOME"は

さながら "縄文人 IN NEW YORK" で一番の聞きもの。

オールド・ファンは

80年代英国テクノ・ロックの貴公子

ゲーリー・ニューマンがヴォーカルをとった

"MY MACHINES" に涙だろう。

DSCF7198
BATTLES/GLOSS DROP (LP)

WARP : LP 212 (EU 2011)