GILLIAN WELCH THE HARROW & THE HARVEST 8年ぶりのギリアン・ウェルチの新作

ギリアン・ウェルチ&デヴィッド・ローリングスの

新作、やっと届きました。

「ハーヴェストBY NEIL YOUNG」の出来損ないみたいだった前作

よほどこたえたのでしょうか。

この8年間録音する気になれなかったと語る2人です。

2001年の傑作「タイム」に立ち返った印象の新作ですが

「タイム」を覆っていたドープの匂いは少なめです。

何のドラッグも使っていないのに

2人が演奏し始めたとたん

ジャコウの様に強烈なドープを発するんですね。

YOU TUBE 1番目の映像がそれを証明しています。

***

YOU TUBE 2番目の映像をごらんになってください。

新作のカバースリーブ、素晴らしいです。

フェルトっぽい厚い紙の上に職人が1枚1枚

版を刷りこんでいく手の込んだものなのです。

これがなんと

家族経営の小さな印刷屋さん(ロサンジェルス)で

作られているんですよ。

この印刷屋さんが泣かせます。

三編みの無愛想な職人とか

古い印刷機械にちょこっと乗った星条旗とか

片隅に何気なく置かれた花とか

インクの匂い立ちこめる整理された工房の具合とか

そんなこまごまとした事柄にぐっときます。

クラフトマンシップ溢れる音楽家と呼ばれることを

良しとするギリアン&デヴィッドの気持ちが

この一風変わったプロモヴィデオ1本に

凝縮されてると思いませんか。

***

いまやストーンズからポール・マッカートニーまで

手がける天才マスターリング・エンジニア、

スティーヴン・マーカソン

ギリアン・ウェルチの「タイム」の仕事で名を上げたんです。

当時、歌と2本のギターだけで

あんな不思議な音空間を生み出せるのは

スティーヴン・マーカソンしかいませんでした。

もちろん今作もスティーヴンがマスターリングしてます。

DSCF7311
GILLIAN WELCH/THE HARROW & THE HARVEST (CD)

ACONY RECORDS : ACNY 1109 (US 2011)