THE DOORS MORRISON HOTEL ピーターパンのドアはモリソン・ホテルのドアです

ピーターパンは来月9月3日(土)で開店39周年を迎えます。

1972年に開店したときはこんなに長く続けられるとは

思いませんでした。

5月に賃貸契約しプロの手を借りず3ヶ月かけて

ほぼ完全手作りしました。

そのとき入り口「ドア」のお手本にしたのは

(冗談みたいなはなしですが)

ドアーズ「モリソン・ホテル」のジャケット写真だったのです。

1983年の全面改装の時も

ワインレッドのドア(高さ2メートル40センチ)の意匠は残しました。

* * *

それにしてもなぜ1970年に日本ビクターから出た

「モリソン・ホテル」 (SJET 8218)は

アメリカ盤より音がダイナミックなんでしょう?

アメリカ盤の3割増しのブットい音なんですよ。

今日届いたアメリカ初回プレス盤もやはり後期

再発盤と同じで迫力無かったです。

プロのエンジニアに電話して聞いてみました。

いわく

「当時アメリカから届いたマスターテープの迫力の無さに

ガッカリしたビクターのカッティング担当者が(多分小鉄徹さん)

イコライザーやコンプレッサーをかけなおしたのだと思う」

とのことでした。

なーるほど、40年目にして謎が解けました。

アメリカの発売元から

市場としてまったく重要視されていなかった

1970年当時の日本だから許された

ドアーズファンにはラッキーな蛮行(?)と言えるでしょうね。

* * *

YOU TUBE ご覧になってください。

「タイムマシーンにお願い BY SADISTIC MIKA BAND」は

「YOU MEKE ME REAL」まんまですよ。

DSCF7335
DSCF7341
DSCF7332
THE DOORS/MORRISON HOTEL (LP)

ELEKTRA : EKS 75007 (US 1970) SJET 8218 (JP 1970)