ビョークのバイオフィリア BJORK BIOPHILIA

バイオフィリア(生命愛)」って

アルバムタイトル聞いたときから

悪い予感はしたんだ。

21世紀に入ってからのビョークは

同じ場所を堂々巡りしてるね。

お約束のように現れる

ドラムンベースとエレクトロ・ガムランに

こころは沈む。

90年代最高の

シンガーソングライター&サウンドクリエイター、

ビョークはどこへ行ってしまったの?

ファンだからあえて言わせてもらうけど

ビョークが描こうとするヴィジョンのスピードに

周りの音楽的ブレーンが追いつけないんだよね。

これアルバム2枚で失速した戸川純の悲劇と同じ。

このままでは

斬新なのはカブリモノだけってことになっちゃう

(こちらもレディガガって強力なのが控えてるし)。

下のYOU TUBE の映像はビョークにしか作りえない

素晴らしいものだけれど、

昔は音像だけでコレをやってのけたからね、ビョーク。

DSCF7634
BJORK/BIOPHILIA (LP)

UNIVERSAL MUSIC : TPLP 1016 (EU 2011)