THE FAME STUDIOS STORY 1961/1973 HOME OF MUSCLE SHOALS SOUND

ソウルの名曲を山のように書いてきたドニー・フリッツ

彼とザ・デコイズの仙台公演(2009年9月27日)が

大盛況のうちに終わりサインをもらいに

ファンが真っ先に向かったのは

なんとベースのデヴィッド・フッドだった。

デヴィッド・フッドが演奏に参加した

膨大な数のヒット曲を知っているファンが

たくさん見に来てたってことだ。

「男が女を愛するとき BY PERCY SLEDGE」

「貴方だけを愛して BY ARETHA FRANKLIN」

「ダンス天国 BY WISON PICKETT」

「ローン・ミー・ア・ダイン BY BOZ SCAGGS」

ひとつひとつ挙げていったら

20世紀後半の名曲集ができてしまう。

言うまでもなく

デヴィッド・フッドのキャリアは

リック・ホールをプロデューサーとする

フェイム・レコード(アラバマ州)のスタジオ付ハウスバンド

後のマッスル・ショールズ・リズム・セクションの

一員として始まった。

***

フェイム・レコードの3枚組コンピレーション

イギリスから出た。

1961年から1973年までの

R&Bがソウルになりディスコへ変わろうとする時期

まさにR&B/ソウル黄金期の名曲・名演オンパレード。

写真満載の82ページのブックレットには

レコーディング秘話がいっぱい。

ジニー・グリーンはデモトラック専門の歌手で

リック・ホールは彼女を決して一人前の歌手として認めなかったとか、

クラーレンス・カーターの大ヒット曲「PATCHES」は元々

チェアマン・オブ・・ザ・ボードが歌う予定だったとか・・。

全75曲通して聴いて気づくのは

フェイム・レコードのスタジオ付ハウスバンド

(時代によって3つに分けられる

マッスル・ショールズ・リズム・セクションは2期)の演奏は

スタックスやモータウンに比べれば

驚くほど柔らかく(メロー)

かつ奥ゆかしい(モデスト)ってこと。

結果

出しゃばり過ぎることなく

ロック~ソウル~カントリー

様々なタイプのアーティストの音楽に

寄り添っていけたんだと思う。

1960年代後半から1980年代まで

世界の一流ミュージシャン(ローリング・ストーンズ含)が

アラバマを目指した理由がなんとなく分かった。

PS:

アラバマ州がアメリカ国内でどれくらい田舎かと言うと

ニューヨークあたりから見れば

十分田舎のはずのテキサス州(アラバマの隣の州)で

「アラバマ行ってみたい」って話したら

「あんな田舎に何しにいくの?」って言われちゃった。

DSCF7724
THE FAME STUDIOS STORY 1961/1973 HOME OF THE MUSCLE SHOALS SOUND (3 CD SET)

KENT : KENTBOX 12 (UK 2011)