ダイアン・デヴィッドソン DIANNE DAVIDSON BACKWOODS WOMAN

寒いからってわけじゃないですけど

アデルついでに

グレイト・ボディ・ウーマン

ダイアン・デヴィッドソンも御紹介しますね。

ナッシュヴィルの天才カントリー歌手として

19歳でファースト・アルバム(1971年)をリリース

20歳になって出したのが

このセカンドアルバム

「BACKWOODS WOMAN 田舎の女」です。

アルバムタイトル通り

ダイアンとエリア・コード615の面々は

洗練されたカリフォルニア・カントリーなんか目じゃないわ

といわんばかりに

南部人の余裕と豪快さを見せつけます。

***

自作曲も良いのですが

カバー曲ではダイアンの圧倒的な歌のうまさが光ります。

英国人の

エルトン・ジョンとバーニー・トーピンのコンビが

アメリカ南部(カントリー・ミュージック)に思いをはせて

書きあげた「COUNTRY COMFORT」のカバーは最高です。

英国産カントリー・ミュージックは

アメリカ人のダイアンにとって

北京に出店した「一風堂ラーメン」なんでしょうね。

***

YOU TUBE で御紹介してる「デルタ・ドーン」ですが

ムーンライダーズのファンなら

もうお気づきですよね?

DSCF7921
DIANNE DAVIDSON/BACKWOODS WOMAN (LP)

JANUS RECORDS : JLS 3043 (US 1972)