PAUL WELLER MOJO MAGAZINE APRIL 英国きっての音楽通ポール・ウェラーが選んだコンピ

ポール・ウェラーはイギリスきっての音楽通。

今でもロンドン市内に

3軒あるレコードショップ「ラフ・トレード」に通い

店の担当者にお薦め盤を尋ね

新人アーティストのアルバムを

買い続けているんだそうな。

そんなポール一押しの

アシッド・フォーク系アーティストが

1枚のコンピレーションになって

「MOJO」4月号のオマケCDになった。

***

ポール自身はこのCDの中で

ニック・ドレイクの「RIVER MAN」をカヴァーしている。

ポールがニック・ドレイクを知ったのは

ニックが自殺してかなり経ってからだという。

ポールいわく

「ニックの音楽が持ってるサイケな部分は

もちろん気に入ったけれど

それ以上にニックの音楽が

英国の季節の移ろいに起因した

自然や宗教のようなものまで

包容しているのに驚いた」

「エイミー・ワインハウスは間違いなく天才

彼女をはじめて聞いたとき

悲しすぎて疲れ果ててしまった

でも後になってそれもアリかなと

思えるようになった

いまでも聞くたびに痛みを感じるけれど

彼女は世界のために

もっと作品を残してくれたらよかったのに」

***

これだけ全曲当たりって

コンピレーションも珍しいが

中でも

JOAN AS POLICE WOMAN

BAXTER DURY (イアン・デュリーの息子)は

これぞポップ・ミュージックの真髄っ感じ。

DSCF8020

DSCF8025
MOJO MAGAZINE APRIL 2012 ISSUE NUMBER 211