GINO PAOLI/POMADORI ジノ・パオリの「ポモドーリ」

今は亡きイタリアの
サッカー・ジャーナリスト
フランコ・ロッシ
2002年にワールドカップの
取材で仙台を訪れた。
仙台の町がすっかり気に入った
フランコ
翌年の夏も再び仙台を訪れ
約1ヶ月日本に滞在した。
そのときピーターパンの
お客様に是非聞いていただきたいと
イタリアから持参したのは
ジノ・パオリ(1934年生)の
最新作「SE(2002年)
だった。
「SE」はピーターパンで
大人気となり2003年の
年間ベストアルバム1位に
選ばれることに。
そうそう
大貫妙子さんも
購入なさったとか。
翌年ジョアン・ジルベルトの
コンサート会場でお会いしたとき
「SEって葉山まで帰るとき
車の中で聞くと最高なのよ」。

遅ればせながら「SE」の
1つ前のアルバム
ポモドーリ(1998年)」を
手に入れた。
「SE」やその次のアルバム
「ストリエ(2009年)」が
音の間(ま)を生かした
禅的なアルバムだったのに対して
「ポマドーリ」は
心の赴くままに録音された
イタリアの気のいい爺さん然とした
親しみやすいアルバムだ。

image

GINO PAOLI/POMODORI(CD)
FONIT CETRA:TCDL 421(1998 IT)