KELLY HOGAN / I LIKE TO KEEP MYSELF IN PAIN ケリー・ホーガンのソロ

いま評判の

さよならアメリカ さよならニッポン」の著者

マイク・ボーダッシュが

20年前何気なく放った一言

「アメリカ中西部には

アメリカの魂があるんだよ」

シカゴ~ウィスコンシンを中心に活動する

ケリー・ホーガンのソロ

落ち着いていて親しみやすく

暖くてブッキラボウで甘い

マイクのあの言葉の見事な証明アルバム。

完璧な歌の上手さで

バック・コーラス・シンガーとしても

人気のケリー・ホーガンだが

自身のソロ・アルバムは

少々の音程やテンポのホツレも

ナチュラルな歌の体幹さえしっかりしていれば

オーケーよというスタンス。

「たった5日で15曲も録音がすんじゃって」

と語るケリー・ホーガンだが

アルバム全編

ジェームス・ギャドソン(ドラムス)や

ブッカー・T・ジョーンズ(キーボード)等が

バックなら当然でしょ。

ただいまピーターパンで

へヴィー・ローテーション中。

DSCF8494
KELLY HOGAN/I LIKE TO KEEP MYSELF IN PAIN (CD)

ANTI EPITAPH : 87164-2 (US 2012)