ヴァン・ダイク・パークスのサントラ? VAN DYKE PARKS SUPER CHEIF

ご存知のとおりトムとジェリーは

1950年代に全米の子供達を

TV の前に釘付けにしたMGMの名作アニメ。

同じ頃MGMの別のスタジオでは

グレース・ケリーの「スワン1956年」が

撮影されていた。

名子役として出演していたのは

当時13歳のヴァン・ダイク・パークス!

(紙ジャケ裏写真参照)

ヴァン・ダイク・パークスは映画出演のため

通称「スーパー・チーフ」と呼ばれるパノラマ列車で

東海岸からハリウッドまで向かったが、

このヴァン・ダイク・パークスの新作

未知への期待と恐れで破裂寸前だった

少年時代の記憶を

スーパー・チーフの車窓から

見える景色に重ね合わせ、

ノスタルジックなハリウッド調

架空サウンドトラックに仕上げたもの。

DSCF0739
VAN DYKE PARKS/SUPER CHIEF (CD)

DISK UNION V4:VFR 2 (2013 JP)