噂は本当だった、クロード・フランソワの自伝映画「最後のマイ・ウェイ」

クロード・フランソワ

自伝映画「最後のマイ・ウェイ」は

最高の "音楽映画" だ。

というのも

ことミュージシャンの伝記映画で

彼らが作り上げた素晴らしい音楽そのものに

スポットが当たることは

これまでほとんど無かったから、

ドアーズしかり

レイ・チャールズしかり。

映画「最後のマイ・ウェイ」の

ステージ・シーンやテレビ出演シーンには

クロード・フランソワ本人の肉声が使われていて

演奏シーンの映画全体に占める分量は

とてつもなく多い。

実生活でのクロード・フランソワの

駄目さ加減を露呈したシーンの直後に、

その駄目っぷりを題材にした楽曲が

クロード・フランソワの超人的演奏シーンと共に

飛び出すミュージカル仕立て。

***

シナトラの大ヒット曲「マイ・ウェイ」は

クロード・フランソワがフランス・ギャルを

失ったショックから立ち直るために

書いた曲として有名だが

年表を逆算してみると

「夢見るシャンソン人形(1965年)」は

当時17歳のフランス・ギャルと

クロード・フランソワ(25歳)が楽屋や別荘で

情交を重ねていた頃

録音されたことになり

究極のカマトトソング「夢見るシャンソン人形」の

あの艶っぽさの秘密も解けようというもの。

チネ・ラヴィータで11日(金)まで上映中

絶対見て。

DSCF1080
CLAUDE FRANCOIS/SUPER HITS (2 LP SET)

PHILIPS : 6680 260 (FR 1977)