THE BIRD AND THE BEE/A TRIBUTE TO VAN HALEN

イアナラ・ジョージと
グレッグ・カースティンの
ポップ・デュオ
ザ・バード&ザ・ビーの新作は
ヴァン・ヘイレンの
トリビュート・アルバム

「ジャンプ」が大ヒットした時は
イナラは10歳でグレッグは15歳。
この年齢の音楽体験は
一生消し去ることが出来ないもの。
ローウェル・ジョージ
(リトル・フィート)の娘で
生まれも育ちも
ロサンジェルスのイナラ。
これは彼女の
地元バンド
ヴァン・ヘイレンへの愛が生みだした
トリビュート・アルバムなんだと思う。
その証拠に
ザ・バード&ザ・ビーの
セカンド・アルバム
(2009年)には
「ダイアモンド・デイヴ」という
デヴィッド・リー・ロスに
ささげた曲があったしね。

原曲のアレンジに忠実な
このトリビュート・アルバムを聞くと
ヴァン・ヘイレンの曲はどれも
恐ろしく凝ったものだったことに
気づかされる。
そうヴァン・ヘイレンは
「音楽的なハード・ロックバンド」
だったのだ。

image THE BIRD AND THE BEE/TRIBUTE TO VAN HELEN (CD) HAYABUSA RECORDS:HYCA 3088 (2019 JP)