GRUFF RHYS/PANG! グリフ・リースの4枚目のソロ・アルバム「パング!」

4年前
渋谷クラブクアトロの楽屋で
グリフ・リースに会ったのだが
普段は人の好いウェールズ人
そのもののグリフだが
肝心要の時見せる
抜群の「察しの良さ」は
とても印象に残った。
SFAから数えて
今年でデビュー23年
グリフ・リース4枚目の
ソロ・アルバム「パング」が出た。
新作は南アフリカの
ヨハネスブルクで録音されていて
プロデュースも
南アフリカ人の「ムジ」。
なのにアルバムは
すべてウェールズ語で
歌われている。
南アフリカでウェールズ語?

予想に反して
アフリカっぽいサウンドは
ほとんど登場しない。
少なくとも
アフリカの大地の香りは無し。
アフリカに行くからには
それなりの成果を
出さなくっちゃっていう
ポール・サイモンや
ピーター・ガブリエルとは違い
要はちょっと気分を
変えてってことだろうね。
グリフくらいのベテランになると
そのちょっとした変化が
傑作を生むコツなんだと思う。

image
GRUFF RHYS/PANG! (LP)
ROUGH TRADE:RT0086LP (EU 2019)