タランティーノの長編第9作目 ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD

タランティーノの新作コメディ
「ワンス・アポン・ア・タイム・
イン・ハリウッド」は
期待通りの面白さだった。
タランティーノはデビュー作
レザボア・ドックスの
「ライク・ア・ヴァージン
あそこが痛い痛い」以来
マシンガン与太話で
観客を大笑いさせてきた。
今回も劇場全体が笑いの渦に
包まれるはずだった・・

日本の映画館は静まり返ったまま。
それもそのはず
アメリカ人でなければ知りえない
「1960年代ハリウッドあるある」
の映画だからね。

さてその新作だが
サブキャッチフレーズは
男同士の友情を描いた
現代版「明日に向かって撃て」
ってことだったが
そこんところはあまり期待せずに
観た方がいいね。
というのも
ブラット・ピットは
暖かな人柄が否が応でも
画面から伝わってくるが
デカプリオは生まれつきの
情の無さみたいなものが
うまく演じれば演じるほど
浮かび上がってくる。
実際のハリウッド映画界は
デカプリオが演じたような
タイプの人間がほとんどなので
映画としてのリアリティは
確かにあるのだが
ロマンとしての「男同士の友情」は
希薄になった。

タランティーノ映画に
挿入されるヒット曲は
いつもドンピシャ。
もっとはっきり言えば
タランティーノ映画の魅力の
約半分は音楽で成り立っている。
ハリウッドといえば
ビーチ・ボーイズあたりが
お決まりだろうが
今回はママス&パパスの渋い曲を
2曲フューチャー。
映画の前半に
ヒュー・ヘフナーの豪邸
(2年前113億円で売却)
で開かれた大パーティ・シーンが
あるのだが
シャロン・テートが
「ハイ!(ママ)キャス!!」と
呼びかけるシーンで大笑い
これでモトが取れた。

「挿入歌一覧」
Treat Her Right – Roy Head & The Traits (1965)
The Green Door – Jim Lowe (1956), performed by Leonardo DiCaprio
I’ll Never Say Never To Always – Charles Manson (1970)
Mrs. Robinson – Simon & Garfunkel (1968)
The Letter – Joe Cocker (1970)
Summertime – Billy Stewart (1966)
Funky Fanfare – Keith Manfield (1969)
Ramblin’ Gamblin’ Man – The Bob Seger System (1968)
The House That Jack Built – Aretha Franklin (1968)
MacArthur Park – Robert Goulet (1970)
Paxton Quigley’s Had the Course – Chad & Jeremy (1968)
Hush – Deep Purple (1968)
Son of a Lovin’ Man – Buchanan Brothers (1969)
Choo Choo Train – The Box Tops (1968)
Kentucky Woman – Deep Purple (1968)
Good Thing – Paul Revere & The Raiders (1966)
Time for Livin’ – The Association (1968)
Hungry – Paul Revere & the Raiders (1966)
The Circle Game – Buffy Sainte-Marie (1967)
Jenny Take a Ride – Mitch Ryder and the Detroit Wheels (1965)
Can’t Turn You Lose – Otis Redding (1967)
Soul Serenade – Willie Mitchell (1968)
Bring a Little Lovin’ – Los Bravos (1966)
Brother Love’s Traveling Salvation Show – Neil Diamond (1969)
Hey Little Girl – Dee Clark (1959)
Mr. Sun, Mr. Moon – Paul Revere & the Raiders feat. Mark Lindsay (1969)
Don’t Chase Me Around – Robert Corff (1970)
California Dreamin’ – Jose Feliciano (1968)
Dinamite Jim (English Version) – I Cantori Moderni di Alessandroni (1966)
Out of Time – The Rolling Stones (1966)
Straight Shooter – The Mamas & The Papas (1966)
Twelve Thirty (Young Girls Are Coming to the Canyon) – The Mamas & The Papas (1968)
Snoopy vs. The Red Baron – The Royal Guardsman (1966)
You Keep Me Hangin’ On – Vanilla Fudge (1967)
Miss Lily Langtry – Maurice Jarre (1972)
Judge Roy Bean’s Theme – Maurice Jarre (1972)
Batman Theme – Neal Hefti (1966)

image

image