レナード・コーエン1972年2度目のヨーロッパ・ツアー

熱狂的に迎えられた
1970年の初ヨーロッパ公演に
引き続き1972年
2度目のヨーロッパ・ツアーを
敢行したレナード・コーエン。
先週そのドキュメンタリー映画が
ユーチューブで公開されました。
(約1時間45分)

このあとレナード・コーエンは
2年ごとにヨーロッパ・ツアーを
行っていくわけですが
僕は幸運にも1976年のロンドン
「ニュー・ビクトリア・シアター」での
コンサートを見ることができました。
1980年代中期の
洋服の黒ブームが始まる前なのに
レナード・コーエンはシャツから
ネクタイまで全身真っ黒な
いでたちでした。

それにしても
楽屋はまさに「大奥」状態ですね。
レナードを取りかこむ
女たちの思惑がむんむんしてます。
人目をはばかることなく
公演地が変わるたびに
繰り返されるレナードの
ナンパ&逆ナンパ。
「じゃ今晩7時半にね」
「気が変わっちゃいやよ(微笑)」
そのやり取りを
クールな顔して聞き入る元カノ達
(ジェニファー・ウォーンズ他)。
そんなこんなを素知らぬ顔して
楽しむレナード・コーエン。
コンサートのステージ以上の
見ものです。