ジェレミー・スペンサーのファースト・ソロ

すべてジェレミー・スペンサー

(フリートウッド・マックのスライドギター&ヴォーカル)の

オリジナル楽曲です。

でもどうなんでしょう、

好きで好きでたまらない

エルモア・ジェイムスが出てくるのは

仕方ないとしても

プレスリー、ビーチボーイズ、

バディー・ホリー、ボー・ディドリー達の

「なりきり」楽曲が次から次と飛び出してくるのは?

ピーター・グリーン

(フリートウッド・マックのギター&ヴォーカル)の

ソロ・アルバム(1970年)もなんだかなー

ってシロモノだったけど、

破天荒さぶりでいったら

ジェレミー・スペンサーのソロ(1970年)に

到底かないません。

フリートウッド・マックのメンバーも

全員参加しているけれど

ジェレミー「いいだろ、この曲!」

メンバー「うううん・・・・・・最高だね!(汗)」

の会話が聞こえてきそうです。

下のYOU TUBEをよーく見てください。

リーダーのピーター・グリーンが

「次の曲はジェレミーが歌います・・」と

紹介している最中のダニー・カーワン(左隣)の

なんともいえない顔・・・・・

バンドの崩壊を1年後に迎える予兆?

DSCF6914
JEREMY SPENCER/SELF TITLED(CD)

FOOT PRINT RECORDS : FPR 29004 (UK 1970/2007)