ソフィア・コッポラの SOMEWHERE サムウェア

ソフィア・コッポラの映画では

特別なことは何も起こらない。

それはこの新作でも同じ。

でもソフィア(40歳)の円熟ぶりに驚いた。

ソフィアって

人生の切なさ、くすっとする可笑しさを

詩的レベルにまで押し上げて

映画を作る監督。

ソフィア・コッポラの「SOMEWHERE」は

ベネット通り(フェリーニの甘い生活)を

サンセット・ブルーヴァードに置きかえた映画だ。

マストロヤンニがラストシーンで

「やっぱこの自堕落で

甘美なセレブ人生辞められません」

と諦念してしまうのに対して

「SOMEWHERE」の主人公は

(アメリカ人映画俳優という設定)

平原で愛車フェラーリを乗り捨て

新しい人生を生きようとする。

映画的な楽しみも実に豊か。

ベニチオ・デル・トロ等のカメオ出演、

ソフィアの

ラグジュアリー・ホテル趣味を反映した

シャトー・マーモント・ホテル(ウエスト・ハリウッド)や

ホテル・プリンチペ・ディ・サヴォイア(ミラノ)でのロケ、

などなど。

挿入歌はいつものように秀逸。

「マリー・アントワネット」のギャング・オブ・フォー

並みのサプライズはラストのタイトルバックで登場!

5月27日(金)まで仙台フォーラムで上映中。

DSCF7023
SOFIA COPPOLA/SOMEWHERE(US 2010)