ケイト・ブッシュ KATE BUSH の DIRECTOR’S CUT

ケイト・ブッシュのアルバムの中で

センシュアル・ワールド」と「レッド・シューズ」は

デジタル録音初期の殺伐としたサウンドに包まれている。

喝采と正義とプライドとビッグ・ラブの獅子座の

ケイト・ブッシュはその2枚を棄てておけなかったんだろうな、

全面的に大改装したアルバムを出した。

差し替えドラムがスティーヴ・ガッドっていうんだから

ケイトの気合の入り方は尋常じゃない。

それでオリジナル・アルバムより良くなったかどうかは

ひとまず横に置いといて

本題はここから。

僕が手に入れたアナログ盤(LP2枚組)のことね。

これ絶対マスタリング・ミスだ。

1200hzから3000hzあたりのサウンドの

メイン部分が梅雨空のようにドンヨリしているもの。

本職のエンジニアにこのLPを聞いてもらった。

彼によれば

「多分イーグルス・ピンクフロイド等のマスタリング・エンジニア

ダグ・サックスが送ったダット・マスターを

プレス担当者がスイッチの押し間違いに気づかず

カッティングしてしまったんだと思う」とのこと。

英国で「アビーロード」のCDディスクにケイト・ブッシュの音源が

間違ってプレスされ回収された事件以来のビッグ・ニュース。

ちなみにその間違いCDは去年EBAYで

1万円くらいで落札されてた。

このLP盤もそんなレアアイテムになるかも?

ケイト・ブッシュのマニアの方は良プレス盤が出回る前に

急いで手に入れてね。

PS:

やはりアメリカ本国ではこのLP回収されたらしい。

日本のアマゾンで売られたものは

この回収されたヴァージョンだったのですね!

DSCF7159
KATE BUSH/DIRECTOR'S CUT (LP+26 PAGE BOOKLET)

NOBLE & BRITE LTD : FPLP 001 (EU 2011)