チューン・ヤーズ の セカンド TUNE YARDS WHOKILL

チューン・ヤーズはメリル・ガーバスを中心とした女性3人組。

「サハラ砂漠に実際に出かけ現地の歌唱法も身に付けました」

ってところが実にアメリカ人的だな。

イギリス人なら「アフリカンってこんな感じじゃない?」で

即、録音始めるだろうからね、

インスピレーション至上主義かな、

スリッツとかさ。

チューン・ヤーズは現場実証+アイデア吟味

BUT 音楽的官能少なめ。

けなしてるんじゃないかって?

そんなことないよ。

低い音で流してると

ピーターパンがカフェ@イースト・ヴィレッジに変身するからね。

やっぱり褒め言葉になってない?

そうかー。

DSCF7213
tUnE-yAaDs/WHOKILL (LP)

4AD : CAD 3106 (US 2011)