BOBBY CHARLES BETTER DAYS ボビー・チャールズ幻のセカンド・アルバム

1972年の冬

このセカンド・アルバムの日本盤解説書いてる

長門芳郎さんの荻窪のアパートで

ボビー・チャールズのファースト・アルバム(1972年)を

聞かせてもらった。

早速輸入盤を仙台に買って帰り

ピーターパンで流したときの

お客さまの感激の表情が今も忘れられない。

***

1974年に録音されながら

何故かお蔵入りしたベアーズビルからの

セカンドアルバムが遂に出た。

たった一週間しか録音時間が

取れなかったせいだろうか、

ボビー・チャールズの歌と演奏がシックリ来ない。

「なんたって曲がいいんだ」と

語られてきたファースト・アルバム。

確かにそうなのだが、

実はその本当の素晴らしさは

南部人ボビー・チャールズの

「ゆったりした時間感覚」を

アルバムに封じ込めることが出来たからなんだと思う。

皮肉にもこのセカンド・アルバムがその証明をしてくれた。

とはいうものの

このボビー・チャールズの黄金の声の魔力は

セカンド・アルバムの様々な欠点を

いとも簡単に消し去っていまうのだった。

DSCF7770
BOBBY CHARLES/BETTER DAYS (CD)

BEARSVILLE VICTOR : VICP 75033 (JP 2011)