FIX MY AORISTIC PLACE フィックス・マイ・アオリスティック・プレイス WAYSIDE WATERFRONT

FIX MY AORISTIC PLACE

(フィックス・マイ・アオリスティック・プレイス)は

伊藤君と渡辺君のバンド(仙台出身)。

初めての4曲入りEPは

なんと真性シューゲイザー・サウンド

(靴を見つめるようにうつむいてギターを弾くことから命名

ジーザス&メリー・チェーンやライドが有名どころ)。

妖しいロック・デカダンスと

透明な疾走と

開放感に満ちた終焉、

当然バンド全員美形が必須条件ね、

猪苗代湖ズじゃお話にならない。

***

シューゲイザー・サウンドに詳しく

英国で生のシューゲイザー体験してきてる

自家焙煎コーヒーの店「スカ」のマスター

石川氏によれば

「演奏が始まってもリード・ヴォーカルは

なかなか歌いださないんだよね。

アンコールなんかも出てくるまで

10分以上待たせるし、

終わりはスモークの彼方に消えて行くみたいな、

まあ良くも悪くもロックに求められる虚構性・幻想性を

100%満たしてくれるのがシューゲイザー。

プライマルや初期のオアシスなんかも

この系譜に入るんだけど

俺はカメレオンズってバンドが好きだな。

フィックス・マイ・アオリスティック・プレイス?

なかなかじゃない」

だそう。

***

仙台出身で2011年の発売、

バンド名にフィックスとマイ・プレイスが入り

アルバムタイトルがウォーターフロントなら

「津波」を思い出してしまうけれど

スリーブ写真(内側)の静的な美しさといったらないよ、

ピーターパンで絶賛発売中の

CD現物でチェックしてね(500円)。

DSCF7824
FIX MY AORISTIC PLACE/WAYSIDE WATERFRONT (CD/JP 2011)