TYDNDAI BRAXTON HIVE 1 アンソニー・ブラクストンの息子タイヨンダイ・ブラクストン

バトルズを抜けた
タイヨンダイ・ブラクストンの
3枚目のソロ・アルバム。
下のユーチューブでも
ちらっと出てくるけれど
グッケンハイム美術館で
ライブ演奏した
打楽器とエレクトロニックの
ための演目「HIVE」を
スタジオで再構築したのが
このアルバム。

ファミリー・ネームで
お察しのようにタイヨンダイは
あのフリージャズで有名な
アンソニー・ブラクストンの息子。
10代の私めも背伸びして
アンソニー・ブラクストンの
BYGからのファースト・ソロを
フランス直輸入盤で
買ったのだけれど
何が何やら分からなかった記憶が。

タイヨンダイの音楽は
音響工学とコンピューゲームが
ポップとダンスの宇宙船に乗り
ハードコアに疾走していく
コズミック・ワンダーな世界。
スティーブ・ライヒや
フィリップ・グラスを
引き合いに出し語られることが多い
タイヨンダイの音楽だが
実際は土星や火星に立ち寄り
現地人(?)とチンプンカンプンな
会話を楽しんだりもする。

image
TYDNDAI BRAXTON/HIVE 1 (cd)
NONESUCH/BEAT:BRC469 (2015 JP)