FRANCE GALL 1968 フランス・ギャルのサイケアルバム

ビートルズがサージェント・ペパーを

発表した1967年に出た

フランス・ギャルの傑作サイケアルバム

当時

スウィンギング・ロンドンの新しい波は

次々とパリに押し寄せ

音楽トレンドの変化に

フランス・ギャルも以前のように

連続ヒットが出せなくなり

アイドルからの脱皮を迫られていたんです。

”ペロペロ” ソング「アニーとボンボン」の

作詞作曲者セルジュ・ゲンズブールへの

恨みつらみを胸にしまい

(ギャル本当の歌詞の意味を

発売後ゲンズブールから知らされる)

ゲンズブールに泣きついて

書いてもらった「ネフェルティティ」と

「TEENEI WEENIE BOPPIE」

その2曲はこのアルバムに入ってます。

クレジットを見たら

ストーンズの「ラスト・タイム」で

有名なデヴィット・ウィティカーが

12曲中8曲アレンジで参加してました。

このアルバムがフランス・ギャルの

フィリップス・レコードでの

最後のアルバムになるわけですが

シングルを含めフィリップス時代の

フランス・ギャルは

楽曲&アレンジすべて完璧で

きらきら輝いています。

***

下のYOU TUBE 見てくれます?

「BABE RERUIN」のマツケンサンバの

真島茂樹(マジー)みたいなダンサー達に

当時19歳のフランス・ギャル

完全に腰が引けてますね(目は正直)。

それより凄いのは

「TEENEI WEENIE BOPPIE」で

テレビ本番中にセルジュが懲りずに

フランス・ギャルに

ボンボン・キャンディーを手渡しするシーン

フランス・ギャルの

『まったくもーこの親父!!』の

声が聞こえてきそうです。

それと

セルジュとミレーユ・ダルクに挟まれてる

女優(たぶん)っていったい誰なんでしょう?

ご存知の方教えてくださいな。

***

「追加情報」

39歳で夭折したクロード・フランソワの

生涯を描いた映画「最後のマイ・ウェイ」が

7月から全国上映決定。

これが最高に面白く

かつ素晴らしい映画なんだって。

クロード・フランソワが子供をあやすとき

彼最大のヒット曲「ドナドナ」を

歌う場面もあるというし。

ファンならご存知だろうけれど

フランス・ギャルの最初の男って

クロード・フランソワだったんだよね。

映画のフランス・ギャル役の女の子が

かわいいらしいよ。

DSCF0469
FRANCE GALL/1968 (LP)

PHILIPS: 844.706(FR 1967/2000)