RON SEXSMITH FOREVER ENDEAVOUR ロン・セックススミスの13枚目のアルバム

ビッグ・セールスが期待された

ボブ・ロック(ボン・ジョビやエアロスミス)

プロデュースのアッパーな仕上がりの前作

これがロンの人気が高いイギリスで

(3月7日ロイヤル・アルバート・ホール)

アルバムチャート最高位48位だった。

ロン・セックススミス自身にとって

この48位という順位の持つ意味は?

その答えはふたたびミッチェル・フルーム

(クラウディド・ハウスやランディ・ニューマン)と

組んだこの新作を聞けば明らかだと思う。

一曲目からドン底ソング「NOWHERE TO GO」で

スタートさせる徹底ぶりはおかしいくらい痛快。

アルバム全編メランコリーの王子へ逆戻りの

新作だけれどファンはやっぱりこのスタイルの

ロンが好きなんじゃないかな。

もしお買いになるなら2曲のボーナス・トラックが

入った国内盤がおすすめ。

フランク・シナトラの持ち歌

「WEE SMALL HOURS」のカバーが最高だから。

***

うちの実家で飼ってるバセンジーの名前はロン。

Image
メランコリーではないけれど

これまで「ワン」と吠えたのを聞いたのは

後にも先にも一度だけ。

そのことをロン・セックススミスにメールしたら

「バウ」って返事きたよ。


DSCF9134
RON SEXSMITH/FOREVER ENDEAVOUR (CD)

COOKING VINYL TEICHIKU IMPERIAL RECORDS : TECI 24676 (JP 2013)