JACKSON C.FRANK BLUES RUN THE GAME ジャクソン・C・フランクのたった一枚のソロアルバム

去年ピーターパンでソロ・コンサートを

開いてくださった潮田雄一(クアトロ)さんが

先週ひょっこり店に現れた。

雑談の中でフェアポート・コンヴェンションの

来日時(1974年1月)の話になり

長崎

「サンディ・デニーの楽屋での着替え

偶然見ちゃった」

潮田

「じゃサンディ・デニーがデビューしたころ

付き合っていたジャクソン・C・フランク

聞きたいな」

長崎

「だれそのひと?」

潮田

「ニック・ドレイクも3曲カヴァーしてますけど」

***

ジャクソン・C・フランクたった一枚の

ソロ・アルバム(1965年英国録音)は

ポール・サイモンがプロデュース。

そのソロ・アルバム全曲を含む

この2枚組コンピレーションCD には

不遇だった1990年代のプライベート録音など

未発表曲が30曲以上収録されている。

1枚目のCDには1960年代中期の

典型的ケンブリッジ・カレッジ風の

フォーク・ソングが収録されている。

聞きものは1990年代のプライベート録音を

集めた2枚目のCD。

ジョニ・ミッチェルやニック・ドレイク達のように

「ギターと歌」の対比が斬新で聞き飽きない。

DSCF9269
JACKSON C.FRANK/BLUES RUN THE GAME (2 CD SET EXPANDED DX EDITION)

SANCTUARY CASTLE (2003 UK)