満開のルーファス・ウェインライト東京公演@渋谷公会堂

日本のルーファス・ウェインライト人気のレベルを

物語る空席の目立つ渋谷公会堂(3月19日)

でも会場が暗転しルーファスが登場してきた時の

拍手の「質と量」でコンサートの成功を予感した。

「桜咲くこの季節の日本に来れて幸せ!」

そう言ってピアノ一台で

「アート・ティーチャー」を

歌い始めるルーファス

途中ギターに持ち替えたりして

ソロ・コンサートは進む。

以前このブログで

ルーファスのいちばんの魅力は

「うた尽くし」なところだと言ったけれど

ピアノの鍵盤をチラッと見るだけで

少し顔を上向きにし天を舞うペガサスのように

歌う、謡う、謳う。

1曲終わるごとにゲイ漫談

ファンお目当てのレナード・コーエンの

ハレルヤ」を演奏する前は

ジェフ・バックリーを絡めたエロ話で笑わせ

本編の歌で会場をすすり泣きの嵐にする

サーヴィス満点のエンタテイナーぶり。

墨絵の静寂と重機の野蛮を行きつ戻りつ

官能美に包まれた歌と演奏はアンコールまで続いた。

なにより初来日時から何倍にも膨張した

自信に溢れ妥協のない「音楽家魂」に

古くからのファンは心底感動したはず。

***

コンサート終演後楽屋で

長崎

「1976年夏にケイト(ルーファスのお母さん)&アンナを

ロンドンのニュー・ヴィクトリア・シアターで見たんだけど

その2ヶ月前はあなたの息子さんのお爺さんでもある

レナード・コーエンも同じ会場でコンサートを開いたんですよ」

ルーファス

「息子じゃなくて娘だよ(笑)」

長崎

「今日オープニング・セレモニー(ショップの名前)で

洋服買ったんですって?」

ルーファス

「今着替えたとこだけど、このTシャツ

ところで君の店に行ってみたいんだけど」

長崎

「でも東京から220マイル離れてます」

ルーファス

「ショップカードある?」

DSCF9350
DSCF9353